うたた寝の耳にそぼ降る雨音の

愛しき午後は「ひとり」愉しむ

どんな「時」も愉しむ心があれば・・・