かぎろひの さしそむるのに

はじけさく しらゆりのしろ

ふかくすみいし

東の空が白み始め
口をついて零れた歌であります