袖の雨 乾く間もなし にわたずみ 流れ流れて 行方も知れぬ


な~んとなくこんな感じで詠んでみたい夜もあり。