枕辺にため息ひとつまたひとつ

闇にまぎれし涙にかへて