紅椿落ち敷く道に歩をとめて

ひとつ掌にとりしばし眺めん