「秋の暮」と詠んだフォト俳句。
文字色の選択が難しかった。