朱夏に生う 白帷子の半夏生 闇に浮かびて 誰誘う


半夏生(はんげしょう)の音のイメージから少し妖しげに詠んでみました。