すでに中天に上がる上弦の月は
まだ薄暮れの空に淡く浮かび
人々の秋行く心に優しく微笑んでいました。