子供の頃に親戚の叔父さんが
「恭子ちゃんに」といってこのお菓子をくれたんですね~。
和三盆をつかった落雁系の砂糖菓子で
繊細な甘味とパッケージの大人びた雰囲気、
高級感が子供心に強い衝撃を与えた・・・
というのでしょうか。
このお菓子を自分の机の引き出しの奥にそっとしまっておいて、
毎日学校から帰るとひとつずつ食べるのが楽しみでした。
パッケージも別のお菓子をひとつずつ集めてここに入れ、
大切にとっておいた。川越から静岡への引越しの時
不用品処分として親に捨てられてからこのお菓子を
探し続けていた。
先日名古屋に行った時に駅のお土産屋さんで
偶然出会って衝撃の再会に即買い!!
今もまた大切に一粒ずつ食べてるところなのです。