いつも会社に郵便物が届くのは西日が落ちかけているころ。
郵便物を仕分けたり開封したりするのは終業時刻に程近いころとなる。
玄関から郵便物に目を通しながら事務所に向かい、この切手を
目にしたとき事務所に着いてすぐに携帯電話で写真を撮ってしまった!
これはかの有名な紫式部の百人一首の下の句。

めぐり逢いて みしやそれとも わかぬまに

          雲隠れにし 夜半の月かな   紫式部

美しい金色ベースに紫の月と棚引く蒼き雲
味わいのある流れる書・・・
消印の入り方までも粋でありましょう。
すべてがコラボし日本の美を醸しておりますね。