王さまの冠みたいだ

もう種結ぶころなのだ