君の名もきっと聞けば私は

「あ~!」

というのだろう。