何かヤキモチ妬いちゃうくらいステキに寄り添ってる感じでした。