この辺ではこの植物こそを
「赤まんま」といい、茎からまるい部分を
こそげ取ってお椀に入れ、おままごとの
「まんま」になるのです。
所変われば・・・・・ですね。