介護福祉士登録証届く!

昨日(平成24年4月27日)仕事から帰ったら郵便受けに不在票が入っていた。

社会福祉振興・試験センターからだった。

3月28日合格発表、3月30日合格証到着、4月2日登録手続(父に依頼)、

ということでそろそろ届くころかな~と思っていた登録証が届いたのであります!

すぐにでも届けてほしかったけどなにせ昨日は月例会議があって帰りがとっても遅く

なり配達をお願いできるような時間じゃなかったので断念。

24時間対応のお届け依頼サービスにて今日の午前中指定で配達を頼んだ。

届いたのは普通郵便と一緒に11時ころだったかな~?

JPのレターパック500で届いた。

あれは開封しにくいね・・佐川さんのを真似してはいかが?って感じ。

大切な登録証が傷ついてはいけないので慎重に開封!

Photo

A4版でちょっと黄色っぽい色の紙で合格証よりも少し豪華な感じかな。

その時その時の厚労大臣の名前が入るってのが乙だなぁ・・

小宮山さんってのはどうなんだろ?ん・・・・・・・。

Dsc03568

登録証はこんな感じのカバーに入ってる。皮張とか額に入ってるとかの方が

よかったなぁ、せめて紺色とか・・なんて欲を言ってみる。

財団法人から公益財団法人になったんだね。そんなお知らせも入ってた。

住所や名前が変わった時の登録変更願の用紙やその手続きの手数料振込用紙も

ちゃっかり入ってた(当たり前か)。

これで時給がスズメの涙ほど(5~6円かな)上がるというので

月曜日、事務所に持っていかなくっちゃ!

毎月手当として定額くれればいいのになぁ・・・ケチだよなぁ。

ま、上がらないよりはいいか、ということで。

 

晴れて今日から「介護福祉士」!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ゆる~く行こう!

Dsc03108_2

書籍をネット購入する際に利用するのはamazonというお店(?)。

上の4冊もamazonで買った。全部中古品。中古品といっても

本屋さんで日焼けしてしまって売り物にならなくなったものや

「2012年度版」のように毎年新しいものが出るタイプの新古品も

あり、写真の一番大きな過去問集は「1円」(送料250円)と

とってもお買い得だった~!

こういうものをコレクションの如く買い揃え、まずは本棚に背の高い

順に並べては眺め、時折パラパラめくっては気になるところを読み

耽る、なんて感じで3年半のうちに勉強する気が起きる日を待つ

って寸法~♪ 私にとって最適な勉強法(?)であります!

それよりここんところ仕事のポカミスが続いている。

先日の試験に受かって浮かれてるに違いない。

霧の向こうのようなところに目を向けていないで

「今」をしっかりこなさなくては!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

次なる目標!

介福を取ったばかりなのにさっそくケアマネに照準を合わせてみる私。

今日はケアマネの受験資格ばかり検索していた。

受験資格の一つに「介護福祉士+介護実務5年」とあるのでスタート地点に立った

ところかな・・・と思っていたけど、よくよく読んでみると「ヘルパー2級+介護実務5年」

でも良いようなので あと3年半で受験資格が得られることになる!!!

ヘルパー2級は2010年8月に修了し、その直後から今の仕事に従事しているので

2015年8月以降受験可能になる。あと3年半勤めれば受験資格が得られる~。

ケアマネの合格率は20%とめちゃくちゃ低いので3年半かけて勉強するくらいじゃ

ないときっとダメだろうなぁ。

今現在がスタート地点というのとすでに3分の1のところまで来ているというのとでは

50を目前にした私にとっては大きな違いがある。これは何が何でもやるっきゃない!

頑張れ、私~!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

合格通知届く

今日仕事から帰ったら社会福祉振興・試験センターから合格通知が届いていた。

中身は・・・

・合格証書

   ・・・A4サイズの少し厚めの紙、ふちどりのオレンジ色に違和感を覚える

・介護福祉士登録手引

   ・・・試験に合格しただけじゃ介福士とは呼ばせない!云々、と。

・登録申請書

   ・・・介護福祉士受験申し込み用紙に似たお堅いおもしろみのない紙

・払込取扱票

   ・・・登録手数料3320円・・さらにお金を要求かい?

     空色の枠線と文字なのになぜか心が晴れない。

・登録手数料「振替払込受付証明書」貼付用紙

   ・・・そしてさらに登録免許税(?)9000円を徴収、と。資格に税金を取るの??

・合格証書の交付等お知らせについて

   ・・・合格証書は受け取っても登録しなくちゃダメなんだよ、というお知らせと

     筆記試験の得点照会ができるというお知らせ、それにもお金がかかるよ

     という話。

・介護福祉士の職能団体について

   ・・・各都道府県にひとつずつ介護福祉士会ってものがあるので入んなさいよ

     と。また入会金や会費など取られそうな「にほひ」がするぞ。

・登録申請書送付のための封筒

   ・・・A4用紙が入るでっかい黄色い無機質な封筒。

 

ずいぶんたくさんめんどくさそうな書類が入ってるなぁ・・・なんて思いつつ

字が小っちゃくてよく読めないじゃん、もう~、とかブツクサ文句を並べる。 

やっと合格しても厚生労働省の指定登録機関の登録を受ける必要があり、それを

せずに介護福祉士という名称を使えば罰則の適用を受けることになると法で定めら

れているらしい。なんともめんどうだな・・

高いお金を支払って受験をし、晴れて合格してもさらに高額の登録料を支払わなけれ

ば資格として認められないだなんてこれはなんとなく腑に落ちない。

全然関係ないところが努力もせずに儲けていないかい?な~んて思ってしまうのは

私だけ??

ま、それが国の定めでそういう試験を受けたわけだから文句言うな、ってところで

しょうが。グチってもまだおさまらぬところ。

来週金曜日の午後に休みを取ってあるので必要書類にもれなく記入をし、

登録手数料¥3,320を払い込み、登録免許税¥9,000分(収入印紙)を購入し、

同封の封筒で試験センターへ登録申請をしなくちゃ~~。

筆記試験は手続きを踏めば得点照会できるけど、実技試験は合否にかかわらず

自分の得点がわからないままだなんてあり得ない!実技試験に落ち度はなかったと

信じていて不合格だった人は次に向けてどう対処すればいいか途方に暮れるだろう。

前にも書いた通り実技試験で危険行為をしてしまった私がなぜ合格だったのか

それもわからぬまま。配点基準や自分の得点を知る手立てのないまま疑問だけが

残る。

受験するというだけでも10650円もの受験料を支払っているのだからそういった

片手落ちの結果発表はやめてほしいもの。

 

4/2(月)実父に頼んで登録手続をしてもらった。

およそ1か月ほどかかるということなので登録証が届くのはGW後くらいかな・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第24回 介護福祉士合格発表

Photo

この写真は去年撮った桜の写真です。

 

ちらほらと染井吉野が咲き初めた今日、待ちに待ったわがこころの桜も咲きました。

介護福祉士試験、無事通過しました~♪

受験番号:K220-00681

財団法人 社会福祉振興・試験センター 合格速報http://www.sssc.or.jp/sokuhou/3sjmQsNiMBEaz2HZ3bYaf4RmszsjTK/pdf/k/K22000004.pdf

受験者:137,961名

合格者:  88,160名

合格率:63.9%

去年までの過去5年の合格率は平均50%程度だったので今年は合格率がずいぶん

Upした。例年よりも受かりやすかったってことだよね~。合格ラインを著しく下げたの

かな??またインドネシア、フィリピンの方が言葉の壁を克服してこの試験に果敢に

チャレンジしたという。日本人でも難しいのに、94名の受験者中35名の合格者が出た

というから驚き~!並々ならぬその努力を見習わなくちゃ・・・

 

このサイトは携帯電話で確認することができないので職場のPCで確認させてほしいと

所属長に数日前から頼んでいた。

13時にwebで発表だったので仕事中にPCを覗かせていただく許可を頂こうかと思った

ら、昼休憩を12:30~13:30にずらすという配慮をしてくださった。

休憩に入り、気もそぞろで昼食を済ませPC前へ!

するとひとりふたりと職場の仲間が集まってきてくれて一緒に発表速報を覗いてくれた。

といってもサイトのどのページで発表速報が出てるのかわからず、しばし探した。

やっと見つかっても緊張のあまり何度も暗唱したはずの自分の受験番号の記憶が

おぼろげになりつつ、こんなにみなさんに期待されて番号がなかったらどんな顔したら

いいか・・・なんて思うとどうかなりそうだった。

それでもなんとか自分の受験番号を見つけ出し、ホッと一安心!!

受験を決めてからずっと応援し続けてくれた職場の皆さんが我がことのように祝福して

くれてとても嬉しかった。また思いもかけず今日のフロアリーダーさんが利用者さんの

前で私の合格を報告してくれたので利用者さんからも祝福していただき感激でした。

Facebookの友にも報せ、ツイッターでもつぶやき、家族のみんなにもメールをして

喜びを伝えた。

夕方家に帰ってからヘルパー時代にお世話になった福祉専門学校にも報告の

電話をした。ヘルパー科の担任の先生に合格を伝えたら職員室にいらっしゃった

ほかの先生にもその場で報告をしてくださって、当時お世話になった先生方の拍手

喝采が受話器越しに聞こえとても嬉しかった。

介護福祉士の勉強をするうえで、ヘルパー科(2級)で教わった時のテキストやノートも

何度も読み返した。ヘルパー科で教わったことは介護の基本+福祉の心。

厚生労働省の定めたヘルパー2級の資格取得のための必修時間は130時間。

それをはるかに超えた300時間以上もの時間をかけて教えて頂いた多くの貴重な

体験が今の仕事に役立っていることに感謝しその旨をお伝えしつつ。。。

前にも書いたけど、介護福祉士の資格を取ったからと言って今までと何がどう変わる

ということはない。今まで通り、誠心誠意利用者さんに接し、職場の仲間と楽しく

仕事をしていければそれでいいかな~。なんていうとカッコつけてる感じ??

申し込みからのやり直しを考えなくてもよくなったのが今は何よりうれしい!

それから今日いっしょにPCを覗いてくれた職場の大先輩の言った

「この時がうれしくて次、次って頑張っちゃうんだよね・・・」

という言葉の意味が今しみじみとわかる。

ヘルパー2級を勉強中にはおぼろげな夢だった介護福祉士が50を目前とし

我がものとなり、まだずっと先だけど次はケア・マネージャーを目指してみようと思う。

ま、仮にケアマネが取れたとしてもすぐ定年を迎えるわけだけど・・・笑。

ケアマネは人生最後の大きな挑戦なるのかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3日後・・・

いよいよ今週水曜日、介護福祉士の合格発表!ドキドキするなぁ。

でももう結果は実技試験の直後に決まっているんだよね・・・。

介護福祉士の合格者は毎年5割程度。不合格なら夏の申し込みからやり直し。

ダメで元々と思いもう一度一からやり直すのも悪くないかな、と強がってみたり。

合格だったとしても何がどう変わるというわけでもないわけだし、とスネてもみたり。 

筆記試験の正式な回答も出るわけじゃないし、その年ごとに変わる合格ラインも

いまだ発表はない。実技試験の正答もまだ出ない。

国家試験というものはこんなものなのか??

受験者にやさしくない試験だと実感する。

 

やっぱり合格目指してやってきた以上結果は気になる。

この悶々とした気持ちに早く終止符を打ちたいという思いは日々強まるばかり。

結果はどうあれ、早く水曜の午後が来てほしい!

 

3月28日(水)13時 webにて発表 (同日郵送にて合否通知発送)

財団法人 社会福祉振興・試験センター

http://www.sssc.or.jp/kaigo/index.htm

このサイトは携帯電話では確認できないので、春休みでのんびりしてる二男に結果を

メールで報せてくれるよう頼んであるんだけど、何せ育ちざかりというのか暢気に

過ごしてるというのか、春眠暁を覚えずというのだろうか・・・あまり頼りにならない。

事務所にこっそり頼み込んで見てもらうか、気心の知れた友に頼もうかと思案中。

Dsc03024

連翹(れんぎょう)満開!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

思ひと云ふもの

うちの施設ではお昼ごはんの後、利用者さんたちに施設のフロントまで運動を兼ねて

移動していただく。その間レクリエーションの準備のためデイフロアの机や椅子を

大移動させる。フロントでは喫茶コーナーが設けられお好みに合わせコーヒー、紅茶、

ココア、夏にはカルピスやアイスコーヒーなどが振る舞われる。

一頻り飲んでおしゃべりしたら屋外への散歩にお誘いし四季折々の花を愛でたり

風に吹かれて季節を満喫してもらう。

中には思い思いに車いすを自走する方、杖歩行の練習をする方、気の合う利用者さん

や語り合いたい職員を選んで屋外へ繰り出すという方もいて、大切なひと時となって

いるようだ。

今日、ソファに腰掛けた状態で首を天井に向け更に首を後ろに向けようと必死になって

る方がいて、こんなこと言ったら怒られちゃうけど、あまりにその姿が可愛らしかったの

で近づいて呼びかけると

「どこ行ってただ?あんたぁ~を探してただよぉ。お散歩行けるかね?」

というので手をとり歩くと、なぜか初恋の、いわゆる恋ばなを訥々と語り始めたりする。

なぜに、私に・・・、と思いつつ、ふむふむと耳を傾ける。

また別の日に別の利用者さんが私を探していたといって通りすがりの私の腕を

すがるように掴もうとした。なんでもトイレ介助をしてもらいたい、という。

介助してみれば特にこれといった要望があるわけでもなく、トイレといういわば

個室という空間でデイでの人間関係についての涙の訴えがあるという訳でもない。

ほかにもあなたにお風呂介助をしてもらいたい、とか、ここにきて話を聞いて・・・

といわれる。私に限られた、特異性のようなものを私自身はわからない。

きっとほかの職員もまったく別の利用者さんにそのように言われているに違いない。

思いというものはひとりひとりみな違うものだから、私が求められることには常に

誠実に応えよう、と最近思う。

 

ここのところ寒の戻りというのだろうか、また寒い日が続き、散歩の時間になかなか

外に出ようとしない方が多いので何か良い誘い文句はないものかと思い

「今日外をお散歩すると10歳若返りますよ~♪もう一度青春を取り戻しましょ~!」

などというセリフが口をついて出た。我ながらうまいこと言う~と思っていると

「やだやぁ~、十(とう)も若返ったらまた苦労のやり直しせにゃならんじゃん。

私らの青春っちゅ~ころは戦時中で、そりゃとんでもなく苦労しただで!

はぁ~、わしゃ懲り懲りだで・・あんた、ひとりで行ってきなぃ!」

だなんて眉間にしわを寄せて怒る人あり・・・

「え~??私ひとりで青春取り戻しちゃったら嫉妬の嵐になりませんかぁ??」

とかいいつつも、共感しつつなだめたりして。

 

ん~、言葉っておもしろいけど、難しいわぁ~、と思う春のひと日でありました。

Dsc02866

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第24回 介護福祉士実技試験 覚え書き

今日、3月4日(日)名古屋会場の同朋大学高等学校に

介護福祉士の実技試験に行ってきました!

8:30 出発

9:13 袋井発

9:31 浜松着

9:38 浜松発 新幹線(ひかり)

10:10 名古屋着 市営地下鉄の路線図を確認し、少々メイチカをぶらり~♪

10:50ころの地下鉄で中村公園駅へ 名駅から4つ目の駅 所要時間は7分程

中村公園まで行くと市バス乗り場はいかにも介福試験を受けるであろう人だかり

あり。市バスの職員さんと見受けられるおじさんが介護福祉士試験を受ける方は

コチラと書かれたプラカードを持って

「恐れ入ります、200円ご用意頂いてお待ちください」

と恐縮した声で案内をされていて、その姿勢を心に刻んだ(な~んちゃって)。

中村公園では10分程待ち稲西車庫行きの市バスに乗り、10分ほどで鴨付町の

バス停に着き、降りると目の前が同朋大学。たくさんの受験生(介福)がいた。

そう、私も今年、受験生だったんだー!(だいぶ薹の立った)

11:30 受付前の入り口にはすでにたくさんの人が並んでいた。

受付および待機場所となった体育館の入り口が開く頃、小雨が降り始めた。

午後の部 12:00~12:40受付 受付時間を過ぎたら入場禁止。

受験者は名古屋会場の午後の部だけで1200名と聞いた。

通信機能の付いたものの持ち込みは使用の有無にかかわらず受験資格のはく奪

という厳しい説明があり、受付前に大きめの封筒を渡され携帯電話を入れた。

封筒には整理番号が書かれたシールが貼られてあり、一枚ははがして引取りの際の

控えとして受験票に貼るように説明され封筒の口をしっかり閉じ係員に預けた。

時刻を携帯電話等で見ると言う方は腕時計などを持参した方がいいでしょう。

そのあと受験票に小さく書かれた受付A~Gで受付を済ませた。

私はAブロックだった。

受付を済ませるとパーテーションで目隠しされたステージ上で着替えを済ませた。

着替えが済むと荷物はすべて持ってAブロックに受験No.順に椅子に並んで待った。

受験の流れやトイレの位置などの説明を受けた。

Aブロックから順番に試験課題の配られた教室へ移動。

そこで合図とともに机の上に置かれた試験課題を裏返して内容を黙読するよう

指示があり10分間のイメージトレーニングをした。そのあと実技会場である教室の

廊下へ移動。ひとつの教室をパーテーションで二つに区切って、前後の入り口付近に

2つずつの椅子が置かれていた。ひとりはドアの前に立って待ち、ほかの2人は椅子

に座って待った。

私は二番目だった。

ほかの部屋からは2~3分で終わったのか、退出させられたのかは不明だけど

出てきた人がいて、わけのわからない不安な気持ちでいっぱいになった。

一人目の人が終わって出てきた後、採点をしていたのか、少し間を空けて私の順番

がきた。試験課題は・・・

Dsc02887

入口を入り、愕然とした!!!

なぜかというと「いす」に座った利用者さん役のモデルさんが長机側を向いている

という設定で5分間を組立てていたところ、実際はこちらを向いて座っていたのだ

った!それを見た瞬間イメージトレーニングしていたものがパーーっと消えて頭が

真っ白になってしまった。

それでも気を取り直し、荷物を置き、受験票と採点表を試験官に手渡し名前を

告げた。どの本でもサイトでもDVDでも「あなたが『始めます』ということにより

試験は始まります」とあったので名前を告げ、続いて「始めます」と言った。

すると「待ってくださいね、会場をよく見てから始めてください」と言われた~!

 

はじめにモデルさんの前に行き、目線の高さにかがんで挨拶をした。

「田中さん、こんにちは お世話をさせていただきます、○○です。

よろしくお願いします。」(良く言えたぞ!ここまではOK まだ始まったばかりだけど)

モデルさんは試験会場の学生さんだと聞いていたけど、私よりもずっと年輩の

方だったのでもしかしたら先生??と思ってしまったけど、利用者さんに年齢が

近いのでやりやすいかも、などと思い直した。

「今から車椅子に移って外へでかけたいと思いますが、よろしいでしょうか?

ご気分はいかがですか?だいじょうぶでしょうか?」

モデルさんはうなずきながら「はい」と答えてくれた。返事のないモデルさんもいる

と聞いていたので、それはそれはやりやすかった。

「それでは車椅子を持って参りますのでお待ちください」

車椅子を広げて、ブレーキを解除し、モデルさんの健側である右側に椅子に対して

斜め30度くらいの角度で置き、ブレーキをかけた。

「それでは今から車椅子に移りましょう。まずは立ちあがります。

私の肩に右腕を掛けてください。(両腕で腰を支える)おじぎをするように身体を

前に倒して立ち上がりましょう。大丈夫ですか?それでは右足を車椅子に近づけて

ください。右手で車椅子のひじ掛けを握って座ってください。(モデルさんはドスンと

車椅子に座る)(いけない!これじゃぁ、腰椎圧迫骨折で救急車だ~~)

(落ち着け、落ち着け~!左足を正しい位置に移動させる)大丈夫ですか?

もう少し深く腰掛けましょう。まず右足に力を入れて深く腰掛けてください。

左足はお手伝いします。どこか辛いところはありませんか?

それでは上着を着ましょう。(素材はフリース。着脱のしにくい素材)

こちらの上着でよろしいですか?(ほかの素材が良かったなぁ・・・)

(左の袖をたくしあげて自分の右手を入れモデルさんの指を保護しながら、

下の服の袖が上がらないよう一緒におさえて袖を一気に肩元まで上げ)

右の袖を通してください。背中を整えますので少し前に傾いてください。

(背中部分整え、前部分を整える)

着心地の悪いところはありませんか?外は寒いのでひざかけを掛けて行きましょう。

こちらのひざかけでよろしいでしょうか?ご気分はいかがですか?大丈夫ですか?

それでは外へ出ましょう。右側のブレーキを外してください。左側は私がやります。

それでは動きます。段差があるので止まります。前輪が上がります。次に後ろが

上がります。大丈夫ですか?それでは玄関を出ます。(ブレーキをかう)

終わります。」

5分以内でできたんだなぁ・・・

でも救急車モンの介護じゃダメだ~~~~!!!泣。

 

「少しお待ちくださいね」

と言われ受験票を受け取って部屋を出た。

着替えの部屋への誘導、携帯電話の引きとり場所への誘導、出口の案内があった。

とりあえずまずは所属長に報告のメールを打った。

 

外へ出ると私の心を映すかのように小雨がパラついていた。

一緒に行った職場の仲間とは連絡が取れないので終わった旨のメールを打ち、

とりあえず駅方面に向かうバスを待った。

しばらくすると仲間も試験を終えて私を探しているところでバッタリ再会!

お互い自己の反省を語り合った。バスの中ではそんな話で持ちきりだった。

ほかのお客さんもいるのにね・・・

なんやかんや言いながら市バスと市営地下鉄を乗り継いで名駅へ。

以前から名古屋に行ったら買って帰ろうと思っていたSNOOPYを駅ビルの東急ハン

ズで探した。あったんだけどネットで買った方がずっとか安かったので買うのはやめ

おなか空いたね~とか言いながら味噌カツ丼を食べて、名古屋土産を買い求めて

帰った。名古屋みやげは以前にも記事に書いた「二人静」と「ういろう」「ゆかり」

「きしめん」・・・ど~う?名古屋オンパレードでありましょ~?

 

都会慣れしてない私は人疲れ、地図疲れで試験会場に着く前から帰りたいと

言い出す始末だった。夜にはついにくたびれ果ててしまってお寿司を買って帰った。

 

所属長に電話で報告したら、

「安全、安楽は基本中の基本だけど結果が出るまではわからないんだから

そんなに落ち込まないでね。今日の経験を仕事に生かせばそれでいいよ♪」

と慰めてくれた。

あぁ・・明日休み取っといてよかった~~

明日はもっとしっかり落ち込んで夕方くらいから徐々に這いあがってきて

あさってからはまた笑顔で仕事しよう!!!

 

今日実技試験を受けた全国の同朋よ!おつかれさまでした。

良い夢を・・・♪

 

あ、余談だけれど同朋大学・高校の入り口付近に親鸞聖人の像があったけれど

仏の道を教える学校なのかしらん??福祉系ではないのね?

 

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

【 追 記 】

Yahoo!知恵袋で昨日の試験について調べてみた。

割と多くの方が問題の読み間違いをしてるんだなぁ、などと思った。

「衣服の着脱と移乗は一部介助、車椅子の移動は全介助」

とあるので、いすから車いすへの移乗は残存機能を生かす必要があることがわかる

し、「車椅子での移動」は全介助でもブレーキを外すなどの動作もやはり残存機能を

生かすべきだと思うんだけどなぁ・・・

まぁ、言っても即刻退場にならなかったというだけで危険行為をしてしまった私が

言えることではないけれど、来年は問題の読み解きも視野に入れて臨まなくては!

それにしてもこの問題というのは利用者さんのごく一部の情報でしかなく、本来で

あれば身体的・精神的なケアプランにとどまらずフェイスシート、食事形態などなど・・

この試験を受けた方はみなさんもっと莫大な情報×利用者数を頭と身体に覚えこんで

日々介護に当たっている方たちばかりなのだからもっと自信を持って試験に臨めば

通らない人はないのでしょうね。

私はといえば、所属長より言われた通り普段の介護にこの失敗を十分生かさなくては

本末転倒もよいところ。

明日から気を取り直して介護の道をのんびり行きますわ~♪

 

ちなみに合否発表は

3月28日(水)13時 webにて発表 (同日郵送にて合否通知発送)

財団法人 社会福祉振興・試験センター

http://www.sssc.or.jp/kaigo/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

筆記試験突破

先月1月29日(日)に受けた介護福祉士の筆記試験の合格通知が今日届いた。

合格通知というより実技試験受験票。

筆記試験の終了時、2月17日に合否通知を一斉郵送すると聞いていた。

今日仕事に行ったら次々に合格の知らせを耳にし、まだ通知が届いていなかった私は

不安な一日を送ることとなった。お昼休みに義母に郵便物の確認をしてもらおうと電話

したら出先とのことで確認は取れなかった。それから半日不安は募るばかりだった。

夕方仕事を終えて家に帰るとすでに暗くなった郵便受けの中にいくつかの手紙があり

その中にうすぼんやりとそれらしきものが見えた。怖々玄関灯を点けながらゆっくりと

確認すると「実技試験受験票」と書かれた折りたたみの葉書があり、ホッとした!

普段田舎暮らしは性に合ってて大好きなんだけど、こういう時は、ど田舎は数日遅れ

になって嫌だなぁ・・・と実感。

ま、とにかく半月後の実技試験に向けてやれることはすべてやっておこう~。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

介護福祉士試験

昨日1/29(日)は介護福祉士の筆記試験のため静岡市にあるツインメッセ静岡に

行ってきた。

朝、まだ星の出ている庭に洗濯物を干した。

干してる先からバリバリに凍っていく。でも車は凍ってないし、雪の情報もない。

電車や新幹線は通常通りに動いてるらしい。

施設からは入所7人とデイは私一人がこの試験にチャレンジ!

7:32 愛野駅からひと駅電車に乗って掛川まで行き、

7:48 掛川からひと駅、新幹線に乗って静岡着 8:01

日常の中で電車や新幹線に乗ることがないのでそれだけでちょっと緊張。

静岡駅からは仲間とタクシーで会場へ 990円(半々)。

開場は9:00のためその前にトイレに続く長い長い列が・・・

外のベンチにはテキストを手にした人たちがい~っぱい。

N_1f_exhibit

ツインメッセ静岡・北館 1F大展示場。

もともとイベント会場のためだだっ広くて暖房設備はあったものの

床はコンクリートっていうのか、氷のようにとっても冷やかだった。

腰と両足の甲に貼るタイプのホッカイロを貼って、ひざかけ持参で寒さ対策。

この会場(ツインメッセの北館)に簡易的な会議机とパイプ椅子が並べられて

いて受験番号を探して座った。

施設でまとめてではなくそれぞれでの申し込みのためみんなバラバラ。

会場はおしゃべりする人、最後の最後までテキストと向き合ってる人、

そんな人たちをウォッチングする人・・・さまざま。

以下、覚え書き・・・

 

9:20までに着席し、9:30から放送による説明が20分間程あった。

携帯電話は電源を切って足もとの荷物の中へとの説明のみで特に取り上げの

ようなことはなかった。机の上には鉛筆と消しゴム、受験票、アラームや辞書機能

のない時計以外筆箱等の余分なものは一切置くなとの説明。

マークシートの記入方法などの説明があっていよいよ試験開始!

 

10:00~11:50(1時間50分) 午前の試験

①人間の尊厳と自立 2問(2問)、介護の基本 16問(13問)

②人間関係とコミュニケーション 2問(2問)、コミュニケーション技術 8問(8問)

③社会の理解 12問(7問)

④生活支援技術 20問(19問)

⑤介護過程 8問(7問)

以上、計68問 (58問)

開始から1時間経ったら合図があり退席可能に。一度退席したら再入場はなし。

11:50~解答用紙の回収と午後の試験開始時間等のお知らせ。

12:00~13:00 お昼休み

13:10~午後の試験の説明

 

13:30~15:10(1時間40分) 午後の試験

⑥発達と老化の理解 8問(7問)

⑦認知症の理解 10問(5問)

⑧障害の理解 10問(7問)

⑨こころとからだのしくみ 12問(5問)

⑩総合問題 12問(10問)

以上、計 52問(34問)

総計 120問(92問)

【 ( )内は解答速報による自己採点の正答数 】

1問1点 120点満点

合格基準は

◎問題の総得点の60%程度を基準として、問題の難易度で補正した

点数以上の得点の者。

◎上を満たした者のうち、全科目群すべてにおいて得点のあった者。

早速解答速報が出てましたので・・「資格の大原」

http://www.o-hara.ac.jp/sokuhou/kaigofukushi/#01

自己採点的には合格!

でも一番取りたかった、毎日実践であたっているケースについての設問を間違えて

しまったこと、一問も外すべきでない介護の基本と認知症の理解を大いに外して

しまったという反省点ができたので、筆記の勉強を続けなきゃいかん!

合否通知は2月17日の郵送をもってお知らせとのことなので到着まではまだわから

ないけど、合格を信じてこの勢いのまま実技試験の準備にも取り掛かろうかな。

 

実技試験は 3月4日(日)名古屋にて

電車の不通や遅れ、まさかの雪などを想定し、前泊で臨みます!!!

 

以上、覚え書きとして・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧