« クリオネ | トップページ | 啓蟄 »

難聴 その後

先日は3日分の薬が処方され、

今日(3/2)仕事が終わってから再診に行った。

今回は薬がよく効いて、受診前に受けるよう言われた

聴力検査もお断りしたいほどだった。

検査をするかしないかの判断は医院側のする事、

と受付で言い捨てられて仕方なく再検査。

やれやれ…すっかり元通りになったって本人が言ってんのに

なんでだい?と心でぶつくさ文句言いながら言われるがまま…

検査担当の女性は前回と比べて改善されていると

言ってくれたので以上、となる事を期待して診察を待った。

しかーし、そーは問屋が卸さなかったわ。

プレドニンっつー抗生剤は急に止めることが出来ない、

徐々に減らしていきます、と来た。

薬屋の陰謀か?そりゃ…

イソバイド系のジャネリックの卒倒しそうな不味さとの

縁切りに意気揚々と出かけてったっつーのに

また更に9日間飲み続けろと…

ジタバタと拒絶してみたものの頑として受け入れてくんない。

ホームページに書いてあるアレはなんだ?

病気に向き合うのではなく患者に??えッ?

おーーーい、ありゃ何だ?

と、言いたかったがあっさり諦めておいたわ。

だってさ、自分の身体でありながら薬の事も

治療の事もサッパリわかんないからね。

今夜も百面相のようにあのド不味い薬、飲んでやったわ。

こーなったらトコトン治したるわ。

二週間後息子たちの結婚式だしね。

|

« クリオネ | トップページ | 啓蟄 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 難聴 その後:

« クリオネ | トップページ | 啓蟄 »