« 立春 | トップページ | 家を建て替えるということ »

あれこれと思いのままに

たまには雑記帳のように…

一月は逝く月

二月は逃げる月

三月は去る月

なんて昔からよく言われてるけど

振り返るとホントにズッパで(遠州でよく使われる「素早く」)

行き過ぎる。

まだまだと思っていた息子二人の挙式も

今年に入って急に着物の準備やら慌しさを感じるようになったり

義母が白内障の手術をする事になり、それもまたバタバタと。

そしてこの家の建て替えに向けての間取りの勉強なども

息子夫婦とあーでもない、こーでもないとパズルのように

図面とにらめっこしながら…鬼門だ何だ、と。

そんなこんなしてる内に息子たちは新婚旅行に出かけて行き、

ありゃ、もうこんな時期かと確定申告の準備に取り掛かってみたり…。

取り留めのない日々を過ごしてるわけです。

そんなバタバタこそが幸せそのものなんだと思ってみたり。

宇宙人だったお孫っちもだいぶヒトらしくなってきて、

生まれてたった1歳10ヶ月の子が

コチラの言う事のほとんどを理解して、

ちゃんとした受け応えが返ってくるようになるだなんて…

自分が子育ての時とはまた違う感動がある。

ついこの間などは

「じーじと、ばーばと、かか(母さん)と、◯△(自分の名前)と、

ブーブーって ばーばんち行く〜!」

などと言ってビックリ‼️

前に夫と二人で、横浜まで娘と孫を車で迎えに行き、

静岡の家に連れて来た日の事をちゃんと覚えていて

そうやってまた静岡へ行きたい、と言うのだから驚き!

ヒトという生き物は言葉という宝物を与えられ

それを使って他の人の心をあたためる事ができる。

私はこれまでどれだけ沢山の人を言葉で傷つけて来た

だろうか…

この小さな、大切な命が発信する言葉に

多くの事を考えさせられる。

人生の秋〜冬へと向かう時季に

ほんわかする贈り物を授かった気がする。

言葉や時を見極められる心ゆたかな人でありたい。

昔からの家族も新しい家族もみんな同じ笑顔で

いられるように…

|

« 立春 | トップページ | 家を建て替えるということ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あれこれと思いのままに:

« 立春 | トップページ | 家を建て替えるということ »