« 2015年9月 | トップページ | 2017年6月 »

2016年6月の投稿

羊毛フェルトで愛犬を!

友達の家にお邪魔したら、何か視線を感じて 

ふと見ると、そこに友達が昔飼っていた犬がいた!  

・・・と思ったらぬいぐるみ?? 

テーブルの上にのせて見せてもらうと 

今にも歩き出しそうなその子に大感動! 

友達の作った愛犬そっくりの羊毛フェルトの人形だった。 

Img_9575  

羊毛フェルト自体見るのが初めてだったので 

この質感の良さや姿かたちに見入ってしまった。 

友達は簡単だからやってみない?と勧めてくれた。 

私にも作れるだろうか?と思いながら好奇心旺盛な私は 

すぐにでも作ってみたくなった。 

 

それから友達の家のそばにある手芸店に行き、 

必要なものを教えてもらい、作り方も教わって早速チャレンジ!  

Img_9608  

まず骨組み。 

造花用の針金を二本で胴体と脚を作るんだけど 

これがなかなか難しい。 

よくよく観察してみれば、 

本犬は前足と後ろ足の形が違うわけで・・・  

とりあえずそこは肉付けの段階でどうにかなるか、と 

Img_9611  

次に針金の周りに毛糸を巻き付けて・・・ 

Img_9630  

綿を巻き付けて・・・ 

Img_9644  

被毛となる羊毛をかぶせて専用ニードルというもので 

綿の部分に固定していく。  

Img_9715

 

頭は針金を使わず、いきなり綿で形を作って 

羊毛を刺していく。 

目鼻を付けて・・・

Img_9641  

と、こんな風に・・・ 

それを本人(本犬?)を観察しながら合体させる。 

Img_9649  

やったーーー!何とか形にはなったぞ!! 

くうちゃん(愛犬)の反応を見てみよう。  

Img_0063  

なぜか写真がどうやっても横になっちゃうので  

首を90度傾けてみて下さいね。 

と、こんな風にクンクンと興味津々のくうちゃん。

Image

テーブルの上にのせてみると身を乗り出して大興奮  

 

家族や友達からもなかなか評判が良く、 

気を良くして伏せのポーズにもチャレンジ!   

Img_0380  

本犬をあらゆる角度から観察し 

彫りの深さも再現してみた。 

更には裏側にも・・・ 

Img_0113_2  

へへへ!楽しい、楽しい~~ 

実家の父に 

まだ亡くなって間もないワンコを作ってほしい 

と頼まれ、早速制作。 

Img_0675  

試行錯誤の末、幼少期のワンコが完成! 

 

人形には魂が宿るのか 

ふと動きそうな気配を感じることがあるのは気のせいかな・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2017年6月 »