« 浴衣で書 | トップページ | 愛犬「くうちゃん」 »

病の床より

久々に寝込んだ。

一週間くらい前から喉の痛みがあった。

季節の変わり目、夏の疲れくらいにしか思っていなかった。

土曜日にはどうも身体がだるく、重く感じ、

身体中が熱に覆われているような気がして早めに休んだ。

日曜日の朝は起き上がることが困難で一日をベッドで過ごした。

月曜日には週の始まりでもあり、気合いで何とかなるだろう、とは

思ったけど、どうにもこうにもダルさとしんどさで起き上がれず

早朝のうちに仕事を休む旨を知らせた。

休むと決めてからはまた昏々と眠った。

それでも次の日は仕事に行かねばと、何とか起き上がり、

近くの内科を受診した。結果はマイコプラズマ肺炎。

自分にはおよそ縁のない病名だったので俄かに信じ難かったけど

抗生剤、炎症を抑える薬、痰を切る薬など4種類が処方され

職場の上司から3日間の出勤停止を申し渡された。

今日も起きるのがしんどく、朝食を食べてまた閨に籠る。

夕辺は十五夜、今年はいつもの年よりかなり早い

十五夜でありました。中天のころには小雨ぱらつく空模様

だったので今年のお月見は期待していなかったんだけど

深夜1時を過ぎた頃だろうか、閨の窓から覗く月明かりに

しばし心寄せるのでありました。

今宵は満月。月が地球に一番近づく日、スーパームーンらしい。

あまりけばけばしい月明かりより、切なげな月が好きだけど。

早くこの身体のダルさが抜け、縁側に座って今宵の月を愛でたいもの。

|

« 浴衣で書 | トップページ | 愛犬「くうちゃん」 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。具合はどうですか?。こちらも美しい月がみれています。空気もキリッと冷たくてほんまに気分がよいです。自分も先日のギックリ腰がまだおかしいです。早くよくなるとええですね。休めるときに十分休んでください。

投稿: ぼり | 2014年9月10日 (水) 00:53

こんばんは、ぼりさん

いつも心配してくれてありがとう!
今回はなかなかしんどくて熱と物凄いだるさで起きてることが難しく、咳が出始めると呼吸と関係なく出続け、痰も絡むため、もしやこのまま呼吸困難で死んでしまうのではないかというほどの時が何度かありました。自ら入院したいと思ったのは今回が初めてでした。が、入院することもなくなんとか治りましたが…。
それからすっきりするまで1ヶ月ほどかかりました。
どうしてこんなことになったのかは全くわからないんですが、マイコプラズマが一部で流行っていたらしいということを後で聞きました。
知らぬ間の感染は防ぎようもありませんが、普段から免疫力のつく食事や生活に心がけなくてはと思いました。

投稿: 恭子 | 2014年10月12日 (日) 20:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1038096/57319816

この記事へのトラックバック一覧です: 病の床より:

« 浴衣で書 | トップページ | 愛犬「くうちゃん」 »