« 夏の果 2014 | トップページ | 病の床より »

浴衣で書

急に思い立ち、いつも一緒に書道教室に行っている方とふたりで浴衣を着て書道に行ってみた。教室の入り口を開けると藍水先生はとてもステキな笑顔で迎えてくださった。

帯を締めてると背筋がピッとして書も上手く書ける気がする。

Image_2

今月の課題、三回目で清書だったのでちょっと気合いも入った。 初めて「優秀」なんて頂いちゃってご機嫌な私。

Image_3

細字は手直しの必要ないです、とのお褒めの言葉も…

なかなか思うように書けず諦めの境地で見て頂いたものを褒めてもらうと慰めに聞こえたりもするけどそこは素直に喜ぶことにしなくちゃ。

ところで「山のあな、あな、あな…」って昔お笑いで耳にした記憶があるけど誰だったっけ?

|

« 夏の果 2014 | トップページ | 病の床より »

」カテゴリの記事

コメント

浴衣で通われたんですね
先生も新鮮だったでしょう

しかし直す必要がないって、スゴイです~
達筆すぎます

投稿: 石井 | 2015年4月26日 (日) 16:39

石井さん!こんにちは
コメント頂いていたとは知らず失礼しました。
更新はおろか、自分でも覗きにすら来なくなってしまって…
書道教室へは度々着物や浴衣で行きましたが、子供たちも大勢来ていて却って周りの大人が気をつかうかなぁ…と最近は着なくなってしまいましたが、たまに着て行きたくなります。

手直しの必要がないと言って頂けると嬉しいものですね〜♪

投稿: 恭子 | 2015年5月30日 (土) 08:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1038096/56972963

この記事へのトラックバック一覧です: 浴衣で書:

« 夏の果 2014 | トップページ | 病の床より »