« 湯文字 | トップページ | フォトブック2014 »

PPK

朝から蝉が元気に鳴いてる。

何でも地上では7日間の命らしく、存在のアピールなのか?恋の歌なのか??

気がつけば空蝉となっていたりする。

そんな折、伯母が88歳で急死した。

何の前触れもなく眠るように亡くなったらしい。

伯母は私たちの仲人をしてくれた方で30年近く経った今でもよく電話をくれる人だったので私を呼ぶ声が今でもはっきりと耳に残っている。

人が好きでお話が好きな伯母はみんなの人気者だった。

そんな伯母が誰にもお別れを言わず逝ってしまうだなんて…

お通夜でも告別式でもみな口々に

「あんな風に死にたいね」

なんて言ってた。世に言うピンピンコロリと言われる逝き方。Wikipediaでは

「ピンピンコロリとは、病気に苦しむことなく、元気に長生きし、病まずにコロリと死のうという意味の標語。略してPPKとも言う。」

なんて書いてある。何も略さなくても…と思わなくもないけど。

苦しまず、誰にも迷惑かけず逝くことってそれは確かに理想なのかもしれないけど、そんな風に逝ってしまうのは嫌だなぁ。可能な限りお礼やお別れを言って逝きたいし、逝ってほしい。もしかしたらそれこそが理想だと言われるかもしれないけど。

しっかりと手を握り目を見て…。

そんな時間が実はとても大事な気がする。そのために生きてる、ような気がしないでもない(?)

私の理想としては3日、人のお世話になりたい。そしてその間に会える人とだけ会ってお礼とお別れを言って逝きたいな〜。

そんなことをあらためて思うものでした。

|

« 湯文字 | トップページ | フォトブック2014 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1038096/56901313

この記事へのトラックバック一覧です: PPK:

« 湯文字 | トップページ | フォトブック2014 »