« 水無月 2014 | トップページ | 綿絽浴衣 »

雨降る夜更けに

土曜日の夜は思いっきり夜更かし

ま、何してるってこともなく…

楽天市場で着物をアレコレと探したり、飽きると手を伸ばした辺りにあるカラーボックスの本棚から雅語辞典などを引き抜き、ペラペラとめくっては手を止めて、うたのわに歌を挙げたり…

土曜日の夜って好きだなぁ。

今週はまた着物が身近になった週だった。

って言うのも、2日の水曜日の朝ごはんの時に新聞に入ってたチラシを夫が無言で手渡すので、何かな?と手に取ると、京都シルクの呉服市の広告だった。当日から3日間、職場のすぐそばの会場で夜までやってるとの事で職場の仲間に声かけてみた。ま、結局一人で行ってみたけど割と京都っぽくも、呉服屋っぽくもなく、ゆる〜い接客が気楽で居心地が良く、ついつい長居してしまい、ここだけの話だけど随分と予定外の買い物をしてしまった。

人から頼まれてた浴衣下駄と自分用の足袋、年相応の金鷲草履、浴衣、三分紐、帯留めなどを物色していると、夜だというのにチラホラ馴染みらしきお客さんが来て、なにやら買っているようだった。だいぶして他の接客をしていた店員さんがようやくやって来て、今日は小物をお探しですか?と柔らかな京ことばで話しかけて来た。(地元の呉服屋にはない緩さだ)

11月に和歌劇に着てく予定の、白地に水色の麻葉の紬に合う黒の帯が欲しかったので、それは高い買い物になると承知で見せてもらった。

色々と検索しまくっていたネットでもあまりヒットしなかった西陣よろけ紗織りの九寸名古屋帯。地色は黒っぽいんだけど、黒の帯芯を入れてみると淡い灰色と濃い灰色が段々になっていて唐草の文様と金銀紅色の小さな花模様が点在した粋と落ち着きを併せ持った素敵な帯だった。ただ紗といえば夏物のイメージがあり、11月に使うのはどうか?気になった。紗といっても紗織りという織り方の名前だから盛夏の絽・紗・羅の時季以外ほぼ通年に渡って使える帯とのことで納得した。折角だからと他のものも見せてもらったけど、結局はそこに戻るのでそれは買うことに決めた。

すると今度はその反対側にあった紬を広げ出し、その帯に合う紬を勧められた。ま、黒の帯を締めたい紬は持ってるわけだから要らない、と言うと、全く違う今までに持っていなかった色目の紬を見せられ、それを着付けされ、これまた白の紗織りの帯をおつけしちゃいましょ!なんて言われ、予定外過ぎる展開に渋々の私に、それじゃ〜、さっき選ばれてた小物は全てサービスさせてもらって、黒の帯、白の帯、紬に合う帯揚げ、帯締めをそれぞれお付けしちゃうってのはどうでしょ!?それから(探してるって言う)白の博多の半幅帯も在庫がないんであとでお送りするのもお約束しますわ!だなんて気前良さげなこと言うもんだから、着物も帯もそれだけのもんかい!と思うや否や、紬はヤレ三代目市三郎さんの作だからモノに間違いはない!とか薀蓄…知らんわ、そんな人(ーー;)

しかし、全て見透かされたような…さすがこれをなりわいとしてる人には敵わんな、とまんまとハマり、ソイツも購入の運びに…・゜・(ノД`)・゜・。

しめていくらかは内緒として、買ったものを覚え書きしとこ〜かな。

三代目市三郎 紬(ワインカラーの着尺、胴裏、八掛、仕立)

西陣よろけ紗織り九寸名古屋帯(唐草文様、帯芯、仕立)

西陣よろけ紗織り九寸名古屋帯(飛び七宝文様、帯芯、仕立)

博多半幅帯(白)

帯揚げ(紫に桜模様、辛子に江戸小紋風の花模様)

帯締め(ワインレッドと茶のグラデーションのオーソドックスなタイプ、ワインレッドと白の三分紐に清水焼の帯留め)

金鷲草履(象牙色に鼻緒とかかと部分が茶金)

足袋

…小物は全て持ち帰り家でしげしげ眺めたけど、帯締めの房があまりに粗雑な作りでこりゃ間違った買い物しちゃったかな…なんて思ったり、結婚して初めて買った着物なのでこれはこれで良かったのだ、と信じて出来上がりを心待ちにしようと思うのでありました。

ちなみに出来上がりは9月末とのこと。

|

« 水無月 2014 | トップページ | 綿絽浴衣 »

コメント

良い買い物をしたみたいですね。自分のもの買うのはほんまに楽しいですね。私もバイクの服なんかちょっと高いのを思い切って買いますが、そのときの満足感はほんまに精神に良いです。出来上がるのが楽しみですね。またアップしてくださいね。

投稿: ぼり | 2014年7月 6日 (日) 23:11

長々とした覚え書きブログを訪ねてくださってありがとうございます☻
最近やっと自分の時間がたっぷり出来て、三人共ハタチ以上になり多少金銭面のゆとりも出来たというか…
娘の頃に母が作ってくれた着物や母から譲り受けた着物に袖を通す気持ちのゆとりも出来ました。今度は自分で着物作りたいな、なんて思うわけです。何だかあれやこれやと選ぶ楽しさって格別ですよね!これ着てどこ行こうかな…とか☻意外に早く結婚してしまった娘にはまだ何ひとつ用意してやっていませんが^^;
また長々とスンマセン

投稿: 恭子 | 2014年7月 7日 (月) 20:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1038096/56706400

この記事へのトラックバック一覧です: 雨降る夜更けに:

« 水無月 2014 | トップページ | 綿絽浴衣 »