« 冬に入りて | トップページ | 経鼻内視鏡検査結果 ~備忘録 »

経鼻内視鏡検査 ~備忘録

久々のブログ更新のタイトルがなんだかお堅い感じ?

今朝、勤めている施設のすぐそばにあるクリニックで

初めて鼻からの胃カメラ検査を受けて来たので覚え書き。

何か症状があるという訳ではなく、胃多発ポリープのキャリアなのです。

数年前に受けた日帰り人間ドックのレントゲン検査で胃にポリープが見つかって

から1年に一度胃カメラの検査を受けている。

ここ2年ほどは検査法棄してたんだけど・・・。

というのも今まで受けた検査は胃カメラを口から入れるもので、前回受けた検査が

余りにも苦しくてつい気持が遠ざかってしまっていたといったところ。

職場でポロリとそんな話をしたら、近くに鼻からの胃カメラ検査してくれるところが

あって全然苦しくないよ、と教えて頂いたので思いきって行ってきた。

先週木曜日は早番だったので17時に仕事を終えて検査予約に寄った。

早速2日後の土曜日(今日)朝一番に予約が取れた。

今までの医院では血液を採ってHIV等感染症検査をしてからの胃カメラ検査だった

けど、今回の医院では血液検査と胃カメラを同日にするとのこと。

8:30に医院を訪ねるとすでに数名の患者さんがみえ、私の後からも続々と患者

さんが入って来た。時季的に風邪っぽい方たちばかり?マスクしてくれば良かった

と後悔。

受診は初めてだったので問診票を書いて受付前でしばし待つ。

鼻からだから嗚咽無しとはいえ鼻から異物が入る訳だからくしゃみしたくなったり

するんだろうなぁ、などと無駄に心配したりしながら待った。

初めてのところだし何だか緊張しちゃってトイレ・・と思ったけどお小水の検査も

あるんだろうか?と思い変な我慢までしちゃったりして。何時もの私なら遠慮会釈

なく訊いてるところなのに、ね。結局、お小水の検査もなかった。

9時前くらいかな、診察室に入りしばしDr.の問診を受けた。

いつ頃、何でポリープが見つかったのか?

2個以上を多発というけどいくつくらいあるのか?

症状はあるか?・・・など。

あとは喉を簡単に診て、ざっと検査の流れを説明。

検査室へ移動。

築7年という新しい医院の棚には小さな白い鉢に入った観葉植物がいくつか

並んでいて、有線のオルゴール曲が静かに流れていた。

ベッド上で胃の中の泡を消すものを飲んだ。

すぐに横になり、両方の鼻に麻酔のスプレーをした。少し経ってどちらの鼻が

息の通りが良いかを尋ねられ、左の鼻から胃カメラ検査すると決定。

左の鼻に麻酔(キシロカイン)を注入。5分待つ。口の方へ流れてくる液を

呑み込むことで喉にも麻酔がかかるとの説明を受け、指示どおりに・・・。

細めのチューブを鼻に入れる。異常のないことを確認して更に太いチューブに

替え更に5分ほど待つ。鼻の中を広げるためかな??

その間、検査室は消灯され、流れ星が見えるようにして置くので見ながら

Dr.をお待ちくださいとのこと。たしかにリラックスできるよう全力を尽くしてくれて

はいるのだと思うけどやはりあぁいった検査にリラックスというのは無理だろう。

流れ星ならおとつい見たよ、とか思いながらもどんな仕組みになってるんだろう

なんて好奇心だけは掻き立てられた。

あっという間にDr.が来てカメラのチューブの実物を見せられて検査上の注意など

の説明を受けて検査は始まった。

口からの検査の時の苦しみや辛さはすべて忘れて下さい、だなんて言うもんだから

せっかく忘れていたものを思い出してしまった!(なんて面倒くさい患者だ、私は)

鼻からチューブが入り、ある程度まで入っていくまでは唾を飲み込んだり

変に力を入れ過ぎないようにして下さい、との指示。

「このあたりは喉頭癌の出来る場所でみつかりにくい癌ですが、きれいですね」

「ここは食道です。きれいですよ。」(そうですか)

「この三角の形をしているのが声帯。きれいです。」(ありがと)

「ここから先が胃の入り口ですが力が入っていると筋肉が収縮してチューブが

入って行かなくなるので心掛けて力を抜いて下さい。」

と。力を抜いているつもりでもつい力んでしまって、看護師さんに肩から腕に

かけて何度かゆっくり撫でおろして頂く始末。

それにしても「力を抜いて下さい」と言われても実はどうにもならないもので

ゆっくりと腕をさすってもらうことで力が抜けたような気がする。

この手法はあらゆる場面で生かそうなどと冷静に思う私も居た。

それでも痛みも苦しみもまったくないのは不思議なほどだった。

それからはDr.の説明など実によく覚えていて、

「はい、ここからが胃の入り口ですね。あ~、ありますね、ポリープ・・・

特に気になる所は見あたらないようですが、ずいぶん沢山ありますね」

といいながら数を数え始める(わぉ、こんなの初めて!)

「41個、ですね~」(と、ちょっと嬉しそう)

「十二指腸も診て見ましょう。あ~、ありますね~(やはり嬉しそう?)」

今までは十二指腸にポリープはなかったのになぁ・・・。

「明らかにこれはと言うものはないですが念のため採って検査しますね。」

といって十二指腸、胃それぞれから12mm大のものを生検に出した。

一週間後に結果を聞きに来て下さい、とのことでグロテスクな写真を渡された。

とても楽な検査だった〜。

それではまた一週間後に結果を書きに参ります!では・・・

|

« 冬に入りて | トップページ | 経鼻内視鏡検査結果 ~備忘録 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1038096/48332873

この記事へのトラックバック一覧です: 経鼻内視鏡検査 ~備忘録:

« 冬に入りて | トップページ | 経鼻内視鏡検査結果 ~備忘録 »