« 雨に秋めく | トップページ | Apple iPhone5発表! »

手術より3年 ~子宮筋腫

つくつくぼうしが命を燃やすように鳴き響み、

そのもとで虫たちがそれぞれのうたを紡ぎ出す。

そんな頃、子宮筋腫&子宮内膜症併発による子宮全摘出手術をし、

ちょうど3年が経った。

入院前この虫たちの声に心傾ける余裕はおそらくなかっただろう・・・

退院した日の稲の色づきや野路の草花の移ろい、虫の音は今でも忘れない。

全身麻酔のショックで心臓に異変をきたした場合、他院への救急搬送をする

との同意書も書き、この手術をすると決めた時、死を覚悟した。

内臓提供意思カードなどを家族に預け、処方されていたニトロを医師に預けて

手術に臨んだ。「その時」用の写真を自分撮りまでしていたのだから~(笑)

 

一年前の記事を読み返すと、筋腫発見~術後の経過まで事細かく記してあった

のでこの一年の振り返りでもしようかな、と。

 

そうそう、そういえばちょうど一年前の今頃、もうちょっとだけ前かな?

「介護福祉士」という国家資格にしては自分自身にとってあまり意味のないものの

申し込みを済ませ、筆記試験の勉強を始めたころ。

得意の「テキストや問題集を必ず一日に一度開く」というゆる~い目標だけを

掲げて取り組んだ(といえるのだろうか?)。

介福に興味のある方は右枠のカテゴリ「介護福祉」を読み耽ってみてくださいね。

 

身体の方はと言えば・・・

痛みや出血、おりものなどの不快症状は何一つなく、月のものもなくなり

貧血症状とも縁が切れ、とっても快適な生活を送っていた。

傷跡も割と綺麗と言いましょうか、もちろんどこをどう切ったかくらいははっきり

とわかるけど、ビキニを着ようと思うわけでもなければさして気にはならない程度

とでも言いましょうか。

ただいつごろからか意識していなかったけど更年期症状があらわれ、

というのか(これが世に云うアレかな・・)、とでもいうのか??

頭痛、めまい、動悸、イライラ、異常発汗、倦怠感、などの諸症状が一気に

やってきた。最近はCMでも流れるほどメジャーなものとなり、世に認められる(?)

ようになったけど、昔々の女性はきっと辛い思いをしたのだろう、などと思ったりも

する。

時に反抗期の頃のように意味なく人を傷つける言動をしたり、乙女の頃のように

突然ハイテンションになって周りを驚かせたり・・・

それが果たして更年期障害の症状なのかどうかまでは不明なんだけど。

ま、それは手術とは関係なしに現れる症状なのかもしれない。

そんなものとうまく付き合いながら(周りにとってはいい迷惑かも)、

肉体労働とも精神労働とも言われる介護現場での仕事も3年めに入った。

特に「ヨッコラショ」と介助しても傷に響くというようなことはこの仕事を始めた

当初からなく、むしろ生理痛で苦しむ職員より健康体な私ではないかとさえ思う。

腰痛なども年相応な感じで、さして云うほどのことは何もない。

今、手術をしようか温存しようか迷ってここを訪ねた方にお伝えしたいことは

私の場合、手術してよかったということ。というのも、今も「切腹仲間」とランチ

しながら術後の経過を聞くといまだに痛みや出血、おりものなどと闘っている人も

いる。それは手術の失敗ということではなくやはり体質的なものもあるのかも

しれない。できれば温存した方が良いに越したことはないのでしょう。

信頼のおける医師と出会うこと、どう選択したにしろ自分の身体と一生つきあう

覚悟をすることが大切なのかもしれません。

もしよかったらコメントくださいね!

って、私はいったい誰と話そうとしているのでしょうか??

そう、私はこの3年を振り返り、そこと話せばいいだけのこと、でした。

Dsc04337

|

« 雨に秋めく | トップページ | Apple iPhone5発表! »

子宮筋腫」カテゴリの記事

コメント

あれからもう3年なんですね。
早いなぁ…
今の恭子さんが元気で本当によかった!

投稿: しゅう | 2012年9月 9日 (日) 11:39

こんにちは、愁ちゃん!

3年ってあっという間だね・・・
愁ちゃんとも長い付き合いになるなぁ。
きっと私はずっと元気なんだろうねぇ。

これからもどうぞよろしくね、愁ちゃん

投稿: 恭子 | 2012年9月 9日 (日) 12:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 手術より3年 ~子宮筋腫:

« 雨に秋めく | トップページ | Apple iPhone5発表! »