« 秋のにほひ | トップページ | うたのゆふべ »

二胡 ~準備から音階練習

女子十二楽坊のブームで二胡の存在を知ってから9年。

9年前といえば娘は高校受験、長男は思春期、末っ子はギャングエイジ、

と私自身が「子育て奮闘期」で当時二胡を手にしようなどとは微塵も思わなかった。

時は流れ、長女・長男は社会人となり、末っ子は自動車学校に通い始めた。

9年の月日は長かったようで過ぎてみれば案外あっという間だったな、などと思う。

 

ずっと憧れに過ぎなかった二胡をやっと手にすることができたものの、

ピアノのように押せば音が出るという楽器とは違い、弾く前準備にかなり時間が

かかり、なかなか音を出すところまでいかなかった。

本体と弓さえあればすぐにでも音が出ると長年思っていただけに何をどうしたら

よいかさえわからず準備にずいぶん苦戦した。

それでも中古品をオークションで落札したので弦に弓が当たれば一応音は出た。

とはいえ弦の振動を胴に伝える「駒(楓)」(写真右)、雑音を消す「布」(写真左)

0030090000023

音合わせをするための「チューナー」(こんな風に棹に挟んで使う)

Nbcn10_img01_2

音程を微調整するための「アジャスター」(上の写真の弦についているもの)

0030070000012

弓に塗る「松脂」(布は松脂とドッキングしている)

などの必要なものがついていなかったので、名師堂という二胡専門店で

ネット購入した。

・・・でやっとの思いで音が出るところまで調整し終え、

二胡本体の到着に合わせて買ったチェンミンさんの基礎DVDを見ながら

二胡の構え方、弓の動かし方、音階の弾き方などを学び、

どうにかこうにかドレミファソラシドが弾けるようになった!!!

まだまだ心に響く美しい音色というには程遠いけど、とても嬉しい。

そして何より二胡をソフトケースから取り出す時にほのかに香る匂いが好き。

何の匂いだろう・・・老紅木のにおいなのか松脂の香りなのか??

今のこの小さな喜びや期待や憧れを大切にずっと続けていこう、と思う。

470054

憧れのチェンミンさん

|

« 秋のにほひ | トップページ | うたのゆふべ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。素敵な音がでたら聴かせてください。楽しそうでいいですね。

投稿: ラバーダック | 2012年7月21日 (土) 00:54

ラバーダックさん、こんにちは~♪

夏が終わってしまったかと思うほど
肌寒い朝です。
お元気ですか?
尾道も梅雨明けしましたか?

二胡に楽しさを感じるというのはまだまだ先のようです。
私の得意な目標設定として
「毎日二胡を触る!」
といった感じでゆる~くやってみます!

今日は涼しいので集中できそうです。
家族がみな出払っているので思う存分ノコギリ音を出してみまーす♪

投稿: 恭子 | 2012年7月21日 (土) 10:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 二胡 ~準備から音階練習:

« 秋のにほひ | トップページ | うたのゆふべ »