« フォトブック ~両親へ | トップページ | 七夕の夜に »

醤油麹

2月の終わりごろだったか塩麹の記事を書いた。

塩麹レシピもいくつか紹介したような気がする、いいえ、しました♪

先日のファスティング(プチ断食)をきっかけに塩麹は視野から外れ、

小さなビンに半分ほどを残し私の中の塩麹ブームは去った。

しか~しなぜに今度は醤油麹??

実は塩麹が職場でもブームであちこちから塩麹レシピが舞い込んでいた中

醤油麹の方が作り方が簡単で使い勝手が良いよ、だなんてことも小耳に挟んでいた。

それでもマイブームではなくなった麹くん・・・

な、なんと今日仕事から帰ったら玄関に麹が1kg置いてあったのです。

Dsc03996

こういうことは我が家ではよくあり、近所からの大量に採れた野菜のお裾わけ

だとか実家からとか義母とか・・・田舎ってありがたいねぇ。

結局麹は義母が私の分も買ってきてくれたとわかり早速なんとかせねば・・・

ということに相成りまして。麹は生き物でありますし。

で、塩麹は私の中には既にないので、じゃ、何を作ろう??と検索したところ

結局、醤油麹に行きつくわけです。

以前の記事の通り、塩麹は失敗した感があったので今度は手を抜かず

しっかり作り上げるぞと気合を入れて醤油麹の作り方をた~くさん検索した。

Dsc03997

まずは大きくて広い鍋に麹1kgを袋から出し、かたまりをよくほぐした。

Dsc04002

一粒一粒すべてほぐすような気持ちでよく揉みほぐすと

麹独特の甘酒のような甘いにおいとしっとりとした手触りが気持ち良い。

徐々にほぐしていくと手の熱と粒ひとつひとつが空気に触れて発酵が進むような

ぬくもりを感じ、ぎゅっと握ると上の写真のように再びかたまりとなる。

それでもちょっと触れるとまたぽろぽろと崩れる。

Dsc03998

今回は醤油麹ということで麹のほかにはこの丸大豆の濃口醤油のみ。

水と比重が違うので1ℓではなく1kgはかりで量って

Dsc04003

麹の中に投入!タッパーは熱湯消毒済み。

すでに完成形の発酵食品である醤油とどんな姿にも成り得る進化途中の麹とが

出会った瞬間であります(な~にいってんだか)

コイツを5分ほどよく混ぜ混ぜしろと書いてあったので仰せの通りに。

Dsc04006

するとどうでしょう・・・元々同類項でもあるわけで、たった5分でこの馴染みよう。

(素晴らしい!人もこうあらねば、などと思う)

これにしっかりと蓋をして(蓋をするなと書いてるところもあったけど雑菌予防)

常温に放置し、一日20回かきまぜ(?)これって2回の間違い?と思ってみたり

スプーンで20回ほどかき混ぜるって意味?と思ってみたり??

定かではないけど朝夕2回スプーンで容器の底から空気に触れさせるように

かきまぜればいいんだろ??と勝手に解釈。 

夏場なので一週間ほどたったら常温から冷蔵保存に切り替えて半年ほど持つ

ということだった。

レシピとしては冷奴にかけたり、納豆を混ぜるときに醤油代わりに使ったり

ドレッシングのベースや漬物の床にすると良いらしい。

毎日かき混ぜながらネットや人からあらゆる情報を集めよう!

また楽しみができた。つくづく発酵食品と縁のあるワタシだこと。

|

« フォトブック ~両親へ | トップページ | 七夕の夜に »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 醤油麹:

« フォトブック ~両親へ | トップページ | 七夕の夜に »