« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月の投稿

二胡

昔々「女子十二楽坊」という中国伝統楽器を奏でる洗練された美しい女性グループが

あった。その中に「二胡」を演奏する人がいてその姿と音色のあまりの美しさに惚れ

惚れしたものだった。それから折に触れCMや番組内の音楽に二胡を耳にするように

なり気になる楽器だった。

去年のちょうど今頃、職場の方と一緒に二胡の品揃えが良いと言われている浜松の

楽器店を訪ねてみたりもした。その少し前、施設にボランティアで二胡を演奏して

くれる方が訪ねてくれて生まれて初めて二胡の生音を聞き、二胡に触れさせて

いただく機会を得たことで、それまでは憧れのみだった二胡がぐっと身近な楽器と

なった。

その時の印象は管楽器などと違い、音を出すことにコツはないということ。

といっても常に手入れと調律がされているからこそなのだということは素人ながら

わかってはいた。

もうひとつ印象に残っていたことは、弦と弓とが離れ離れではないんだ・・・

ということ。そんなことすら知らなかったのだ。

そして二胡をなかなか我が物にできないでいる最大のポイントは夫が半端ない

ヘビ嫌いということ。二胡に張られている皮はほかでもない体長数メートルの

蛇の王者であるニシキヘビ。そのうろこがありありわかる楽器なのだ。

きっとその皮はニオイも放つだろう・・・。

ただでさえ最初は人前で弾けるような音を出すことはできないだろうけど仮にうまく

弾けるようになったとしても、蛇皮丸出しとなれば夫の前では永久に弾くことは

できないのだろう。

そんなことも思案のタネだし、更には中国楽器なのであまり扱ってる楽器店がなく

増して教えてくれる教室も先生もなかなか近くにはない。できれば教室に何度か

足を運んで持ち方、弾き方、手入れ方法、良い二胡の選び方などを知り、また

自分に果たして続けられるものなのかを見極める機会が欲しいのだ。

良い二胡の選び方をネット検索すると、安くても大量生産のものは選ぶな、とか

高いものでも名人と言われた方の名を騙る偽物も多く出回ってるから注意、とか

言われても、じゃぁどれを選べばいいのか??わからなくなってくる。

やっぱり一番は試し弾きのできるお店で自分の求めている音が出るものを自分の

耳で確かめて買った方がいいらしい。でも一方最初からプロ奏者のような音が出る

はずもなく、ある程度練習を重ね、弾きこむことで音に深みが出てくるとも書いて

あった。ごもっとも・・・

それから手入れについても調べてみた。どんなに二胡を弾いてみたいといっても

手入れが大変でとてもじゃないけど続けられないなんてことじゃ無理かな・・・とも

思ったので。

案の定、弓は馬の毛でできていて松脂を丁寧に塗らなければ決して良い音は出な

いらしく、また使ううちに一本一本切れていってしまい、使わなくても一年に一度は

毛の部分だけでなく弓自体を購入し直さねばならないらしい。

値段はピンキリだろうけど6,000~10,000円ほどするらしい。高ーい!

そして何よりメインの二胡本体。重要なのはその材質で紫檀、黒檀、紅木、老紅木

印度紫檀、明清旧料老紅木・・・と木の種類や産地、樹齢や乾き具合、またニシキ

ヘビの質や部位も音色に大きく影響するらしい。

弦はギターのそれと変わらないようだけど、二胡用は片方が輪になっていて輪の

部分を引っかけるところがあるらしい。

その他にも、音程をしっかりと安定させる千斤、弦の振動を蛇皮に伝える駒、

ノイズを解消させる控制綿、調弦の微調整をするアジャスター、腿の上に置いた

二胡が演奏中ずれないようにするすべり止め、調弦時のチューナー・・・

最低限揃えるものだけでも気が遠くなりそうなほど大変!

でも入門DVDや楽譜、二胡ケースなどもぜ~んぶ入って10点セットで29,800円

だなんて手軽でお得感満載なものもある。実は大好きなチェンミンさんが監修して

作らせているというものがちょっと前までそんな値段で手に入ってたんだけど、

チェンミン監修の二胡セットは最近どのサイトを見ても売り切れ状態で手に入らない

ようだ。今、二胡ブームなのかなぁ??

まずはとりあえず身近な場所でやってる二胡教室を探し出し、見学を申込み、二胡に

触らせてもらい、手入れなどの大変さを拭い去るような素晴らしい二胡との出会いが

あり、毎日コツコツ続ける私・・・などを思い描いている。

いつかそんな機会に恵まれる日を夢見て・・・・・・・♪

Nec_0333

| | コメント (0) | トラックバック (0)

肌寒い夏の夜

ん~、なんだろ・・・窓風が妙に寒い。

台風が去り、庭の木々はみな塩害を受け葉っぱが茶色に染まってしまい

あらためてここは海の近くなのだということを思い知らされる。

あ、早く車洗わなくちゃいけないかな・・・

ワンコはとっても気持ちよさそうにすやすや寝てるけど

とにかく寒ーーーーい!

ただ今の室温 22℃

暑いのは嫌いだけどこんなに涼しいとなんだか空恐ろしい。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

台風

今、台風4号の暴風域に入った!

裏でいろんなものの転がる音がする。

ばあばが蛍光灯でも裏に置いてたんだろか、軽やかにガラスの割れるような

そんな物音もした。浜松でも停電になったと聞いて急いでろうそくを準備した。

25年前の結婚式の時のでっかいろうそくはこんな時くらいにしか使い道はなく

16年のところまで使ってあるけどほとんどそんな時くらいにしか登場しない代物である。

さっき蛍光灯がチカッとしたので急いで火を点けいつ停電しても大丈夫って感じ。

こうして書いていてもPCだっていつシャットダウンするかわかんないんだよなぁ~~

都会では電車は動いてるんだろうか??

TVはどの局も映らんし、停電は時間の問題だね。

隣で夫が手動の懐中電灯&ラジオを根気よく回し続けている。

それにしてもこの時季ほとんど上陸しないのが普通だけど今年はやっぱり

何かが変だ。すべての部屋の窓という窓が風雨に耐え忍んでいるという感じ。

飛んできた何かが当たれば家中大変なことになりそうなそんな風だ。

築35年の傾きかけた家が揺れに揺れまくってる。

もし今地震が来たら一体どうすればいいのだろうか??

だなんて考えなくても良いことを考えるのはTVもラジオもなく不安だからだろうか?

今、一瞬だけ電気が完全に消えた。そろそろPCの電源を切ろうかな・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フォトブック2012

去年の4月にdigibookで俳句と短歌のフォトブックを作った。

自分の撮った写真や作った句歌がとっても気軽に安価で製本化でき

ちょっとした写真集のようなきれいな仕上がりに大満足していた。

今年は実家の両親の金婚式ということもあり出会いからの写真をかき集めて

フォトブックを作りプレゼントしたいという思いもあり、よりきれいに製本化できる

ところを探していたらFUJIFILMでも簡単にフォトブックが作れると分かりまずは

自分の最近の句歌をテスト的に作ってみた。

それが今日届いたので写真Upです!!

まずは表紙・・・

(興味のある方は各写真をクリックしおっきくして仕上がりをご確認ください)

Dsc03927

なかなか良い感じ♪

そして中身・・・

Dsc03928

Dsc03929

Dsc03931

画像ファイルをそのまま写真仕上げにしているのでとっても鮮明!

ちなみに去年digibookで作った俳句のフォトブックは・・・

Dsc00871_2

画像ファイルを印刷仕上げにしているので鮮明さに欠ける。

FUJIFILMのフォトブックがあまりにもきれいな仕上がりだったので

両親へのプレゼント用の写真集はFUJIFILMのフォトブックで作るぞー!

しつこいようだけどもFUJIFILMから広告料は頂いておりませぬ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

解禁

先日7日、健康診断が無事終わり、一か月間のファスティング・ダイエットも

晴れて終了!

ってことで前の記事にも書いた通り、昨日の夜ダンナさまとふたりでヒロの働く牛角へ

焼き肉を食べに行った!

Dsc03919

先日金環日蝕の時に使った牛角のクーポン券のポーチは観察用に切り刻んで

しまったため、中身のクーポン券のみを持って・・・笑。

カルビがやわらかくてとっても美味しかった!

金曜日の夜じゃ席がないといけないのでヒロに予約を頼んだけど

自分で予約してくれ、ということだったので渋々電話した。

そしたら何のことはない、ヒロが電話応対し

「もう予約しといたよ」

というじゃ~ありませんか(なんだよ、もう)

でもなかなか上手に電話応対してたのでヨシヨシ、って感じ♪

予約した時間にお店に行くとなんとまたヒロが接客に来た。

(よっぽど私たちが来たことをうれしく思ってんのかね」~??親バカ)

半額クーポンなどを使いながらサッカー日本代表の試合を気にしながら

またヒロの働きを横目で見つつ久しぶりにお腹いっぱいお肉を食べて大満足!

家に帰ると、そういえば今日トウモロコシを買ったことを思い出し、バイトから

帰ったら食べさせてやろうと思い4本茹でてさっそく1本を自分で黙々と食べた。

Dsc03922

(これは遠州森町特産『甘々娘(かんかんむすめ)』ものすごく甘くてジューシー)

肉で満足したはずじゃなかったのか・・・と自問自答しつつ。

 

解禁とはいえ、こんなことをしてたらせっかく落とした体重もさっそくにリバウン

ドしちゃうんじゃなの?と思い直し、今日もう一度だけファスティングしよっかな~、

と思っていたら、施設の看護師さんからランチのお誘いメール。

どうやら私は食べるために生きてるようで思案することなくノリノリでOKの返事!

それでも夕べからヒロとららぽーとに行く約束をしていたのでダブルブッキングする

ことをふたりに理解してもらって両方参加するというわがままぶり。

な、なんとららぽではランチバイキングに!またたらふく食べる私。

その1.

Nec_0293

一応昨日の焼肉と二日かけてバランスを取るため野菜中心に・・・

主食はうどんと生ハムのせのバゲット

その2.

Nec_0294

ヒロが食べてたカレーのルーに押し麦が入っていてそそられたので、カレーのルー

だけと卵豆腐、おから、長芋そうめんなどヘルシーなものを・・・

その3.

Nec_0295

一の膳、二の膳のときからチェック済みだったプリンと豆乳アイス、

フルーツビネガーを。

ん~、解禁になったとはいえ夕べからまあ良く食べたもんだ。

それにしてもこれでもかってくらい食べるってたまには素敵なことだ!

 

食事の後、ららぽ内のNojimaで15年ぶりにヘルスメーターを購入。

最終ファスティングの直後についにErr続きで壊れてしまったので。

体重のほか体脂肪率、BMI、筋肉量、身体年齢などが量れて、何よりすごいのは

乗るだけでスイッチが入るってことと、乗るだけで誰かを当てて前回比を表示して

くれるという優れもの!それでいて4,980円という安さ。進化してるんだね~。

解禁とはいえリバウンドしないようしっかりと自己管理しなくっちゃ。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

夏は来ぬ

水曜日(5/30)だったか仕事を終えて家に帰る途中

宇刈三沢のあたりの信号待ちをしている時、今年初めてのホトトギスの声を聞いた。

ホトトギスといえば「夏は来ぬ」の歌の歌詞にもあるように「忍び音(しのびね)を

もらすといわれているけども忍び音とはなにもこそこそっと啼くことでもなさそうで

ホトトギスの初音のことをそう呼ぶらしいけど、ホトトギスといえば夜通し啼くという

こともまた有名でこのあたりでもその声を毎年耳にするけれど水曜日以来まだ

ホトトギスの声を聞いてはいない。今、遠くから聞こえくるのはコジュケイの声だなぁ。

 

その水曜日のゆふべ、ヒロが学校から帰ると

「蛍が飛んでたよ」

という。そっか、そんなころとなったか・・・などとまた思う。

そんな四季折々の声や姿に居ながらにして触れることのできるこの遠州という

ところは実に趣のある良いところだと再認識する。

Photo

Photo_2

Photo_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »