« 初夏の月 | トップページ | 風 »

富士芝桜まつり

昨日は特に予定もないけど有給休暇を取ってあった。

一か月に一度そんな日を作っている。

骨休めというか、自分へのご褒美的な感じかな・・・

休みの直前に父のブログへのコメントのやり取りから

「芝桜を見に行こう!」

ということになり、かねてから行きたいと思っていた富士の芝桜まつりに

父の運転で母と三人で行ってきた。

道中渋滞もなく、会場の駐車場もすんなり入れ、チケット売り場も待つことなく

入れた。仮設トイレも渋滞なし♪

駐車場のナンバープレートに注目~!

多摩、品川、横浜、袖ヶ浦など関東方面がとっても多く、滋賀、和泉、京都など

関西方面からの車もちらほら。浜松ナンバーは珍しいほどだった。

Dsc03643

まつり会場は芝桜が咲く一か月間だけの開催。

一年のほとんどが手入れだけということなんだなぁ・・・

 

メインである芝桜の絨毯に辿り着くまでにミツバツツジの小道を通っていく。

ミツバツツジはピントがぼやけていたので写真Upはなし。

Dsc03645

小鳥の巣がいっぱい設置されていた。

どんな鳥が棲んでいるんだろう??

Dsc03646

まんまるで可愛らしい松ぼっくりも小路にいっぱい・・・

そんな小道を抜けると視界が開け、雲のかかった富士山が見えてきた。

Dsc03654

前日までにネット検索で四分咲きということは知っていたけど

やっぱり以前TVで見たような風景を期待してはいただけにちょっと残念。

Dsc03650

今年ははびこる冬の寒さが春を遠ざけていて、きっと花芽の伸びる大切な時期には

まだ雪が降っていたのだろう。

こんな風に花がまばらな区画が多かったような気がする。

花は自然の中にあってごく自然な形で咲くのだということをあらためて感じた。

この花を買って帰りたかったけど売ってはいなかった。残念・・・

Dsc03651

それでもこんな風に地道な作業によって・・・

Dsc03664

こんな風景を目にすることもできた。感謝、感謝・・・

Dsc03653

まつり会場は今まさに桜が満開・・・

ということは4月初旬の気候ということなんだなぁ。気温は14度だった。

帰って家の室温計を見たら24度だったので10度も低いってこと。

Dsc03669

絨毯と化した芝桜に近づいてみればこんなにぎっしり・・・

Dsc03670

ちょっと角度を変えてみれば見渡す限り・・・にも見えなくはない。

Dsc03676

龍神池に映る芝桜もまた美しい。(父のパクリ)

Dsc03666

Dsc03663_2

ココだけ見れば満開な感じ!

Dsc03671

富士山と鯛。面白い形だったのでパチリ♪

肌寒かったのでソフトクリーム率よりもたい焼き率の方が断然高かった!

これは「さくらあん」。桜の葉が練りこまれた桜色の餡だった。

寒い、寒いといていた母もこれを食べたらご機嫌だったので相当美味かったのね。

 

地元の「うまいものフェスタ会場」もあって「ほうとう」を食べたかったけど

土日祝日のみだったのか、幟だけで売られてはいなかった。

肌寒いのでうどんの売れ行きが良かった。

地元は牛だらけのせいかうどんに牛肉が入っていて母は怪訝な面持ちで

ありました。

Dsc03672

ぜ~んぶ「綾鷹(あやたか)」の自販機を思わずパチリ♪

こちらもほとんど売れておらず・・・

Dsc03687

龍神池をぐるりと回って帰路へ。

Dsc03689

青空も見えたけど最後まで富士山は雲をかぶったままだった。

Dsc03690

このつぼみはなんだろう・・・

Dsc03695

こちらの桜はすでに蕊だけとなっていた。

桜は蕊もまた一つの花のように美しい。

Dsc03699

狐の牡丹によく似たこの花はなんだろう?

生活の中では見たことのない変わった木の葉もいっぱいカメラに収めたんだけど

ほとんどピントがぼやけていた。

Dsc03656

最後に駐車場に戻って目の前にそびえる富士山を・・・

 

いつかまた会場いっぱいに絨毯が敷きつめられたような芝桜を見に来よう!

と思うのでありました。

 

お父さん、おつかれさまでした!!ありがとう。

 

備忘録:

富士芝桜まつり 4/20~5/20頃開催

(2012年は開花が遅れているため5/27まで)

入場料 大人500円 駐車場 500円(1,000台)

新東名・新富士ICで下りR139を北上。2時間ちょっとで到着。 

ウィークデイということもあってかどこも混雑はなかった。

こんなこと書いたら怒られそうだけど・・・

うまいものフェスタのメニューはあまり多くなく、とっても高いので(例:うどん600円)

すぐそばにある道の駅やCVSでお弁当を買って会場に設置してあるベンチなどで

食べるのがおすすめ。たい焼きはとっても人気でした!

会場内でしか売られていないおみやげもあり、とっても上品な喜ばれそうなものが

いっぱいだったのでぜひお買い求めください!(回し者ではない)

|

« 初夏の月 | トップページ | 風 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

流石にブログの先輩だけあって、構成・文章等中々良い処を衝いています。         あの程度のドライブではまだまだ疲れは残らない。私はサンデー毎日なので何時でも、どこでも付き合うから、又声を掛けて下さい。

投稿: 多賀男 | 2012年5月12日 (土) 22:32

父上、いらっしゃいまし~♪

そうですか?
父上に褒められると天にも昇る気持ちでありまする。

サンデー毎日には大笑いでありました♪
相変わらずユニークな父上だこと。
おかげさまでのんびりさせて頂きました!
本当に本当にお疲れ様でした。


今回は背中の痛みでハンドルを任せてくれとは
とても言い出せませんでしたがぜひまたどこか行きましょう!
その折にはワタクシめが運転して差し上げまするぞよ(笑

投稿: 恭子 | 2012年5月12日 (土) 22:48

素晴らしいですね。まさに花の絨毯。実際に自分の目で見ればもっと広大な景色なんだろうな。北海道のどこかにも芝桜の有名な場所がありますよね。
青森にはここまで広い芝桜はありませんが、横浜町の菜の花畑が素晴らしいです。今年は開花が遅くてこれからです。

それにしても親子でドライブは羨ましいです。

投稿: どん | 2012年5月13日 (日) 07:54

どんさ~ん、ようこそいらっしゃいました♪

四分咲きとはいえ一部は満開でまさに花の絨毯でした。
北海道にもありそうですね!
もっと広大で地平線の彼方まで芝桜なんて風景が想像できます。
一度富良野のラベンダー畑を訪ねましたが見事でした。

青森にもありますか!
菜の花がこれからなんですか?
花にこれほどの影響が出ているってことは農作物への影響も気になりますね。

親子でドライブでしたが両親は絶え間なくおしゃべりしていて私はどうもお邪魔虫のような状態でした(笑)

投稿: 恭子 | 2012年5月13日 (日) 10:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1038096/45234856

この記事へのトラックバック一覧です: 富士芝桜まつり:

« 初夏の月 | トップページ | 風 »