« こころ旅 ~遠州から奈良へ | トップページ | こころ旅・二日め ~奈良から神戸 »

こころ旅・二日め ~ならまちから興福寺へ

2012年4月7日(土)

旅の二日めはミステリー・ツアー、といっても娘が密かに企ててくれたプラン。

前もってこの旅の数日前にメールで聞いていたのは

「ならまちを歩いて電車で難波へ出て二胡をさがして夜は神戸ね」

というプラン。前々から二胡が欲しいと言っていたので良さげなお店を探してくれてた

ようだ。しかしながら6月に18歳の誕生日を迎える二男が5月から自動車学校に通う

というので二胡などという高価なものを物色してる場合じゃないので難波はコースから

抜いてもらい、バタバタしたまま出てきてしまって肩や腰が痛いのでどこかでマッサージ

をしたいなぁ~との私の希望を組み込んでくれた。

それにしてもマッサージを神戸で検索しまくってる娘になぜに神戸なの??

と軽い疑問を抱いていた。

プランは、ならまちブラブラ→神戸で全身マッサージ・・・あとどうすんの?って感じ。

ま、いっか、娘に任せよう~♪

娘の住む町には遠州では2月に咲いていた白い沈丁花が今まさに花時でありました。

Dsc03144

娘のマンションから近鉄奈良線で奈良へ。

降りると30年前によく訪ねた駅の風景が・・・ん~、涙が出そうだった!

そこから「ならまち」という古い街並みへ。

Dsc03145

ならまちはこんな雰囲気のお店が並ぶところ。

これはおせんべい屋さんかな・・・TVなどで良く紹介されるのか写真がいっぱい

掲げられていた。

Dsc03146

店の佇まいも然ることながら看板に惹かれるものがある。

Dsc03149

老舗の風情た~っぷり

Dsc03150

カラフルな手ぬぐいたち

Dsc03151

自販機の中にまで手ぬぐい・・・

Dsc03152

思えばこれをゲットしてくれば良かったなぁ・・・と。

Dsc03153

娘がこの路地の風情が好きというのでパチリ♪

Dsc03154

こちらは看板とその周辺がおしゃれ

Dsc03155

こんな乙女心くすぐるオブジェもステキ

カフェの入り口付近にて

Dsc03156

まだ冷たい風にふわり揺れていた

Dsc03157

ウィンドウのさりげないものがみんな煌めいて見える

Dsc03158

季節に合った茶碗や棗などもいいなぁ

Dsc03159

この通りのどの軒先にもさるぼぼ風のものが吊る下がっていた

Dsc03160

なんでもない場所だけどなんとなく良いなぁ・・・と。

Dsc03161

娘は私が帰った後にも遠州の友を招くようでどこへ行こうかと考え中でありました。

Dsc03162

うわぁ~、可愛らしい。

ガラス越しだし、これだけ揃っているからきっと可愛らしいんだなぁ、と眺める。

Dsc03163

ならまち界隈にある一般家庭の庭先の勿忘草

Dsc03166

遠州ではすでに若葉が枝を覆うころでありますが、奈良ではやはり今が見ごろの

四手辛夷・・・タイムスリップしたようで嬉しい。

Dsc03167

「あ~!ここだぁ~」と娘。

「ん?ここが何?」と私。

「ここでランチだよ。予約してあるの。」と娘。

「(あらま、びっくり)」

Dsc03168

「めしあがれ Bon appetit」

十輪院の南門前にある築90年の町屋を改造して、というか町屋の風情そのままの

フランス料理のお店。

昔々娘と国際交流をしていた頃によく聞いたフランス語の言葉の一つに

「Bon appetit」がある。きっと娘も同じ思い出のある言葉なのだろう、などと思う。

Dsc03169

アンティークなランプと

Dsc03171

古い階段箪笥。オーナーシェフのこだわりのひとつらしい。

Dsc03172

綺麗・・・

Dsc03174

季節の海鮮と野菜のオードブル

新しい従業員さんなのかバイトの子なのか、たどたどしい説明にオーナーシェフ

らしき方が補足説明をしてくれたりして初々しい緊張感が伝わってきた。

こんなところも春、なのよね~~♪

 

このあとフォアグラとホタテのスープ?が出たけど見た目はいたって普通なので

特に写真はなし。

Dsc03178

コースなのにメインデッシュが鴨、豚、牛、鰆からえらべるという嬉しい心配り。

私は大和牛のほほ肉、娘は豚肉を選んだ。

Dsc03179

トイレへの小路にもこだわりが・・・

Dsc03180

水を受けて艶めいて・・・

Dsc03181

トイレ内にはならまちMap初心者編が・・・

Dsc03184

いきなりまたコースに戻る

ドルチェ盛り合わせ!ムースに添えられた牛乳から作ったという生クリームが

今まで味わったことのない美味しさだった。紅いもで作ったという前面の紫色の

焼き菓子も、どれもこれも美味しかったなぁ~。甘いものはあんまり好きじゃない

私でもこれは平らげた。

ここまで2時間ほど経過。

この日の気温は一桁だったけど暖房器具は床暖房のみで体中冷え切ってしまった。

Dsc03186

そこへミントとタイムのハーブティーが来て嬉しかった~♪

何やら小さな焼き菓子付きで・・・

ちょっと寒かったのを除けば大満足の時間でした。

Dsc03188

ならまちを出て少し歩くと遠目に奈良らしい風景が・・・

「興福寺だよ」と娘。

Dsc03192

奈良公園で鹿たちに出会い、

Dsc03194

せんべい目当てに大接近してくる鹿の鼻頭に毛が生えていることに気づき・・・

Dsc03197

五重塔の真横を通り抜け、猿沢池の亀などを見ながらならまちを通って

足早に駅に戻る(なぜか急ぐ娘の歩調にやっとの思いでついてゆく)。

本当は奈良公園から東大寺、春日大社、正倉院などを一日かけてのんびりまわり

句歌でも詠む方が私には向いてるかなぁ、などと思いつつ。内緒、内緒・・・

奈良駅から難波を通って神戸へ!・・・・・・・・・つづく 

 

|

« こころ旅 ~遠州から奈良へ | トップページ | こころ旅・二日め ~奈良から神戸 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: こころ旅・二日め ~ならまちから興福寺へ:

« こころ旅 ~遠州から奈良へ | トップページ | こころ旅・二日め ~奈良から神戸 »