« 早春賦 | トップページ | 生きるということ »

一歩ずつ

早く目覚めても急いで起きなくて良い朝はベッドの中でのんびり二度寝をむさぼる私。

よく利用者さんが

「朝風呂だなんて小原庄助だなぁ~」

と言いながら

「朝寝、朝酒、朝湯が大好きで~♪」

なんて歌を浴室いっぱいに響かせたりしてるけど、

お休みの日の朝寝はつくづく良いもんだと思う。

 

それでも犬が痺れを切らして怒り鳴きをするので

仕方なく起きだしてゴミ出しついでに散歩に出かけた。

Dsc02725

早起きは三文の徳、などとはいうものの早起きしなくってもちゃんと良いことに

出会えるもの。

今年初めての連翹(れんぎょう)の花が一輪だけ咲いていた!

連翹がこの枝いっぱいにこぼれんばかりに咲くころ、あたりは春爛漫の景色となる

のであります。楽しみ、楽しみ♪

Dsc02726

先週撮った河津桜の堅い蕾も心なしかほころびかけているようなそんな気がする。

人を指差すような険しい蕾から白くほっこりとまろびた蕾へと変わっている。

人もこうあらねば・・との教えのようだ。

来週にはこの蕾がほどけゆく様を見せてくれそうな、そんな心躍る移ろいであります。

 

さて、先日8日は25回目の結婚記念日でありました。

1月には実家の両親の50回目の結婚記念日「金婚式」で、

奇しくも同じ年に私たちも銀婚式を迎えたのだ。

とはいえ、何をどうしたということもなく・・・

いつもより豪華なお刺身とお寿司を買って食べただけ。

会話という会話もなく

「25年前の今日はあったかい日だったよね」

という私にいつものことながら夫はうなずきすらしなかった。

それどころか最近特に更年期障害なのか情緒不安定な私に

「病気だ」「頭がおかしい」

「それで仕事になるのか?じいさん、ばあさんと一緒に座ってた方がいいぞ」

と冷たく言い放つ夫。

自分でもよく25年も一緒に暮らしているな・・・と感心する。

けど、相手も同じように思っているのでありましょう。

そう思うと今さら惰性は止まらない。

世の中には甘い新婚時代から日々絆を深めあって離れることのできない関係を

築き上げる理想の夫婦もいるのでしょう。

千差万別、十人十色・・・思いはそれぞれで夫婦の形もそれぞれ。

ま、これでいいのかな・・・などとあらためて思う日でありました。

|

« 早春賦 | トップページ | 生きるということ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1038096/44072152

この記事へのトラックバック一覧です: 一歩ずつ:

« 早春賦 | トップページ | 生きるということ »