« 冬枯れの野にあたたかき一輪の花はゆふべの涙をいだき | トップページ | 忘れてた・・・ »

がま

・・・といってもカエルじゃない

冬枯れの野を渡る風の中「がま」の花穂が飛び立つ時を待つ頃となった。

Dsc02472

この一見フランフルトのような穂の中には綿毛がい~っぱい詰まってて

Dsc02474

ほんのちょっとの外力を受けただけで硬い殻が割れて綿毛が弾け飛ぶように

できている!

Dsc02481

写真を撮るのに夢中になってた私の足元にも・・・

ジーンズが綿だらけになるほど。

こうして「がま」は子孫を残していくんだね。

自然ってうまくできてるね。素晴らしい~!

 

冬枯れの中にこんな楽しみを見つけて歩く楽しい休日のひと時でありました。

|

« 冬枯れの野にあたたかき一輪の花はゆふべの涙をいだき | トップページ | 忘れてた・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1038096/43482674

この記事へのトラックバック一覧です: がま:

« 冬枯れの野にあたたかき一輪の花はゆふべの涙をいだき | トップページ | 忘れてた・・・ »