« 月影にふたたび光さし初めて淡々見ゆる夢の通ひ路 | トップページ | 冬枯れの野にあたたかき一輪の花はゆふべの涙をいだき »

語らひの夜を重ねて降りつもる思ひ水脈引く月の舟かな

Photo

↑クリックすると大きく見えます!

 

 かたらひのよるをかさねてふりつもる

        おもひみをびくつきのふねかな

 

夕べのふたご座流星群のうたを詠むつもりが

また月のうたになってしまった・・・

|

« 月影にふたたび光さし初めて淡々見ゆる夢の通ひ路 | トップページ | 冬枯れの野にあたたかき一輪の花はゆふべの涙をいだき »

俳句・短歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 語らひの夜を重ねて降りつもる思ひ水脈引く月の舟かな:

« 月影にふたたび光さし初めて淡々見ゆる夢の通ひ路 | トップページ | 冬枯れの野にあたたかき一輪の花はゆふべの涙をいだき »