« フランスパン風 | トップページ | 月影にふたたび光さし初めて淡々見ゆる夢の通ひ路 »

紅葉、見納め

義母は無事退院しました。

皆さんには大変ご心配をおかけしました。

 

昨日は仕事を休んで義母の通院や所用に付き合い、午後から遠州森町にある

大洞院へ今年最後の紅葉を見に行って来た。

Dsc02399

大洞院には清水次郎長の子分で有名な森の石松のお墓がある。

石松は万廷元年(1860年)6月17日に亡くなったとのこと。

石松の墓は昭和10年に建てられ、商売繁盛や勝負運のお守りになるという噂が

あり、昭和30年頃から墓石を削って盗まれるようになり変形してしまっている。

Dsc02410

初代のお墓はまるで檻の中に閉じ込められたよう・・・

削られて細くなってるのが見えますか??

昭和52年に2代目の墓石が建てられたが2年後にまるごと盗まれ、

Dsc02412

現在は昭和54年に建てられた3代目の墓石とのことでまだピカピカで

一見無傷だった。

侠客かぁ・・・粋ね!

 

Dsc02386

もう今年の紅葉も見納めでウィークデイということもあってか

人影もまばらだった。

この夏はあまりに猛暑?激暑??だったせいか立ち枯れ状態の木が目立った。

手水処(ちょうずどころ)も良い風情で落ちる水の音が静かに呼んでいた。

Dsc02388

覗いてみれば・・・

Dsc02393

とうに沈んだ紅葉もあれば今まさに落ち来る紅葉もあり・・・

Dsc02394

大洞院のこの位置に立って見たこの風景が結構気に入っていて

Dsc02405

こうした凛とした佇まいがまた心を平らにしてくれるのであります。

 

大洞院から先日訪ねた小国神社へまわってみた

Dsc02409

よくみればまだ青い葉もあり

Dsc02433_2

黄色い葉・・・

Dsc02399

オレンジ色の葉もあり

Dsc02415

真っ赤な葉もあってそれぞれに目を楽しませてくれていた。

Dsc02417

流れに身を任せる紅葉もあり・・・

日本人がこうして葉をも愛でる心とはなんだろう・・・

そんなことをふと思いつつ見つめる良い時間でありました。

|

« フランスパン風 | トップページ | 月影にふたたび光さし初めて淡々見ゆる夢の通ひ路 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

恭子さん、こんにちは。

一日遅れになってしまいましたが
お誕生日おめでとうございます。
素敵な一年になる事を祈ってますhappy01
ご主人のお母様も無事退院されたんですね。
一安心ですね。退院、おめでとうございます。

お誕生日に最後の紅葉、見納め。
なんだか素敵ですよ。
まだ青い葉もあるんですね^^
青から赤まで見せていただき
時間が縮まったような感じでした。
森の石松のお墓、檻の中に閉じ込め
なければならないなんて、寂しいですよね。

投稿: Rossy | 2011年12月10日 (土) 17:27

Rossyさん、こんばんは

お母さんの退院のこと、誕生日のこと、
ありがとうございます。

紅葉も見納めですね。
そちらでは立ち枯れは見られませんでしたか?
散り敷くもみじもなんとなくくしゃくしゃっとしていました。
そんな中、緑~赤のもみじの移ろいは綺麗ですね!

初代石松の墓は削られて削られて無残な姿ですが
妙に檻が似合う感じがしないでもないのは私だけでしょうか??

そろそろ大掃除をし、
新年を迎える準備に取り掛からなくてはいけないんですが
なんだかのんびりしてしまっていけません。

今夜は満月そして皆既月食とのこと。
ちょうど一時間後から月食が始まるそうです。
そちらでは見られそうですか?

投稿: 恭子 | 2011年12月10日 (土) 20:46

わぁ森の石松のお墓初めてみました。紹介してくださってかたじけのうござる。
若いときから侠客などの映画は好んで見てましたし、次郎長にあこがれて、浪曲もよく聴いてましたし、あっしが使う言葉も石松の真似かもしれません。ほら紋次郎って名前以前に使ってました。男はたぶん一度はあこがれるかもしれません。
あぁ死ぬ前に一度はお参りしたいのが、宮本武蔵と次郎長一家、そして吉川栄治のお墓です。

投稿: ジュピターすいすい | 2011年12月11日 (日) 23:12

ジュピターさん、こんばんは

ジュピターさんの言葉づかいは次郎長親分の影響でありましたか。
石松のお墓の隣には次郎長親分の碑もありましたよ。
お墓はピカピカのようでしたがやはり一度修理されたとのことでした~。
やはり男性のみなさまには憧れの存在のなのでしょうね・・・
ぜひ一度お出かけください!
その際にはぜひご一報を~♪

投稿: 恭子 | 2011年12月12日 (月) 20:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1038096/43323129

この記事へのトラックバック一覧です: 紅葉、見納め:

« フランスパン風 | トップページ | 月影にふたたび光さし初めて淡々見ゆる夢の通ひ路 »