« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月の投稿

秋、深む

一通のメールが届いた。職場の連絡網だった。

訃報のメール・・・

 

とてもおだやかな人で、病と闘うといった壮絶さも見せず

その時々をあるがままに受け入れ、人が歌えば手をたたき

話しかければ精一杯の笑顔を返してくれる人・・・

花を見れば指差し歌い、風が吹けば目をつむり、

ひとりすっと立ちあがり誰にも迷惑をかけることなく

ゆっくりと歩きはじめる人だった。

 

訃報の名前を見た瞬間、あらゆるシーンがよみがえり涙が止まらなかった。

 

たまらず、犬の散歩に出た。

秋風に吹かれたかった。

訪れる風も ゆく雲も 夕空も いつもと何ひとつ変わることなく・・・

 

めぐる思い出と変わらぬ日常との中で徐々に薄れゆく面影。

寡黙な生きざまは 生きてゆく道しるべとなる。

 

ありがとう・・・大好きでした。

Nec_0168

| | コメント (8) | トラックバック (0)

とりとめもなく、秋

Dsc01781

今日も蒸し暑くてグリーンカーテンはまだまだ必需品だね。

(実家の庭にて)

 

Dsc01779

暑い、暑いとはいっても確実に実りの秋はやってきて

こんな微笑ましい風景に足を止める。

(いつもの散歩道にて)

 

Dsc01784

萩の花も今を盛りと咲き乱れ・・・

(実家のお隣さんちの庭さき) 

Dsc01785 

萩の花は短歌や俳句に

とても多く詠み込まれてきた

日本の代表的な秋の花。

 

 

 

一つ家に遊女も寝たり萩と月

                芭  蕉

 

Dsc01789

ふうせんかずらもほとんど風船状の実がついて葉は茶色になって

落ちたものも多い中、また花をつけてもいた。

(実家の東庭にて)

 

Dsc01795

実父の育てたサツマイモ。

大学芋にしてくれて、久しぶりに実家に一人でお泊まりした私に

食べさせてくれた。

 

Dsc01796

今夜のメニューのひとつ。

ジャガイモ、玉ねぎ、ピーマンは実家から貰って来たもの。

明太子が一腹残っていたのでほぐして混ぜ込んでみた。

 

まだ暑いので夕陽が落ち始めたころ、犬の散歩に出た。

歩き始めたばかりで日はすとんと落ちた。

暑いとはいえ夕方にはちゃんと秋、なのだ。

 

ここのところ介護福祉士の勉強の仕方などを施設の同僚と話し、いかに自分が

勉強不足かを思い知り焦りを感じたので、この土日は気合を入れて頑張ってみた。

でも、やればやるほど奥が深くちょっと疲れてきた。

やはり学生時代のように詰め込みは効かず、右から左へと見事にこぼれ落ちてゆく。

大事なことはコツコツと続けることだよなぁ、などと思い直し人と比べるんじゃなく

私のペースでやればいいんだと気づいたりする。

虫の音などをBGMに覚えることの楽しさを感じつつ、疲れたらふと短歌を読みに

行ってみたりしながらのんびり行こう、と。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

虫の声

明日は十五夜。

良い月が見られそう。

すでに今夜満月と言っても良い美しい月の晩であります。

ツイッター歌会などささやかに催されるかな?

 

ふとTVの音を消してみるとあらゆる虫の声に包まれていることに気づく。

一番心奪われるのが

「かねたたき」→「kanetataki.mp3」をダウンロード

聞いたことありますか?

8月末ごろより調子が良くなり秋めく夜を喜ぶかのようであります。

 

一番多く鳴いていると思われるのは

「スズムシ」「suzumushi.mp3」をダウンロード

「アオマツムシ」「aomatsumushi.mp3」をダウンロード

「ヒゲシロスズムシ」「higeshirosuzu_s.mp3」をダウンロード

 

侘び寂担当は

「エンマコオロギ」「enmakoorogi.mp3」をダウンロード

「ツヅラサセコオロギ」「tsuzuresasekoorogi_8_220.wav」をダウンロード

 

そしてそして・・・

「フタホシコオロギ」「futahoshikoorogi_8_220.wav」をダウンロード

「マダラスズムシ」「madarasuzu_8_220.wav」をダウンロード

 

秋の虫代表選手たちとはまったく別の場所で鳴くのが

手のひらを太陽にでも有名な

「オケラ」「kera_s.mp3」をダウンロード

この声を一度に聞くことができるこの秋の夜が好きだなぁ・・・

Cocolog_oekaki_2011_09_11_21_12

えぇ。。。と、スズムシです、はい・・・(笑)

写真載せようかとも思ったんですがアレ系のものは自分が苦手なので

おぼろげながら描いてみました。幼稚園の頃の絵ではありません。

今、描きました。へへへ♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

手術から2年・・・

そう、もう忘れかけてたけど子宮筋腫の手術から昨日でちょうど2年が経った。

子宮筋腫と云うものは3~4割の女性がかかるといわれているものらしいけど

きっとくたびれた身体の中にできるおできのようなものなのだろう。

エコーなどという機械が一般的になるよりもずっとずっと昔から女性は

そんなものと上手くつきあって来たに違いない。

以下、子宮筋腫で悩む方のために・・・・・・・

 

思えば2年半ほど前、出血量など生理の様子に大きな変化が見られるようになり

朝、目が覚めると天井がぐるぐるまわって起き上がることすらできない状態に

なってしまったことが手術のきっかけとなった。

子宮筋腫は30代後半に受けた子宮頚部がん検診で見つかった。

それからは一年ごとのがん検診のたび筋腫の存在を指摘されていた。

最初に子宮筋腫が見つかったときにはすでに3~5cmほどのものがいくつか

触診で触れたため即受診することを勧められたけど放置していた。

それでも徐々に筋腫が育っているとみえ、その存在を四六時中実感させられる

ようになってきたため、いよいよ信頼のおける医師を訪ね定期的に経過観察を

することとなった。

2年半前の半年ごとの検診時には貧血もかなり進み、処方されていた止血剤も

全く効かないほどの出血量だった。エコー等の検査で子宮内膜症も併発している

ことがわかった。

先に書いたとおり、体調の急激な変化により検診予約を待たずに受診したところ、

私の返事を聞くまでもなく半ば医師の命令のように手術することが決定した。

 

以下に2年数か月前の記事を・・・・・ 

ちゃんと話すね 

 

(ちなみにページ内のオレンジ色の文字はすべてそのページへ飛びます)

 

カテゴリー「子宮筋腫」で一連の経過~入院時の詳細、術後について

その時々を詠んだ短歌を記してある。

 

術前のころは一般企業の事務員として働いていた。

術後に日本の景気が急激に落ち込み会社は倒産し、解雇となった。

体調を戻しつつ仕事を探すもこの年齢で無資格な私に職はなかった。

職安の相談ブースの壁に貼られたチラシにふと目をやると

国の緊急雇用対策として福祉人材確保政策によるヘルパー2級講座の

募集のお知らせがあった。

これからは老人福祉だなぁ、資格も魅力だし・・・なんて思いつつ読んだ。

そんな折、昔、看護助手時代に一緒に働いた看護師さんとバッタリ会い、

今は介護施設で働いている、遊んでるなら手伝ってほしい!と言われたことが

大きな転機となって先の講座を受ける決心をしたのが1年半前のこと。

3か月で修了し、ちょうど1年前から介護の仕事をしている。

これと子宮筋腫の手術とがどんな関係があるのか??

そう、私のブログを訪ねてくださる方の検索キーワードに時折

「子宮筋腫 手術 肉体労働」

とあり、おそらく手術後に肉体労働ができるかを心配されているのだろう

と思いこの記事を書いている。

術前事務員だった私が術後介護の仕事をしていることを母はいつも心配している。

けれども仕事上腰痛はあるものの手術の影響はほとんどないと言える。

 

またほかにも

「子宮筋腫 20cm」

というワードもとても多く、また

「子宮筋腫 写真」

なども多いためこれから手術をと思いつつ思案している方のために

娘が撮ってくれた子宮の写真をmixiに掲載した。

http://photo.mixi.jp/view_album.pl?album_id=500000035886154&owner_id=19482283

かなりグロテスクな写真となっておりますので

合言葉の入力が必要な設定にしました。

興味本位という方の閲覧はご遠慮願います。

合言葉はmixiのメッセージにてお問い合わせください。

(今現在はmixi退会のため記事も消滅しました)

 

子宮筋腫は閉経とともに徐々に体に吸収されていくものでもあるため、

閉経に近いと思われる方、または卵巣のエコーで卵子の様子を医師に

診てもらって閉経の時期が近いのか遠いのかをきちんと判断してもらって

手術に臨むかどうするかを判断するのが良いかと。

 

もしよかったらコメントくださいね!

Dsc01716

白花がたったひとつ・・・突然変異??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

短歌 たのしみは・・・

ここ半月ほどブログを訪ねてくれる方の検索キーワードに

「たのしみ 短歌 6年」「短歌 たのしみは」

というのがとても多い。毎日欠かさず。

今、小学校の国語の授業で独楽吟を学んでるんだろうか?

もしかして訪ねるのは先生方かな?きっと教える上で悩んでいるんだろうなぁ・・・

もしこの記事を読んでくれたらいいな、と思いつつ書いてます!

 

ぜひ「うたのわ」という短歌サイトを訪ね、「うたの一覧」をクリックし

検索欄に「たのしみは」または「楽しみは」「独楽吟」「橘曙覧」

と入力してみてください!

100首以上の「たのしみ短歌」に出会えますのでどうぞ参考にしてみてください。

そしてよかったらこれを機にうたのわ歌人になってみませんか?

・・・って、村式(うたのわ事務局)のまわしものではありません。

Dsc01729

***** 追 記 *****

「短歌 たのしみは」

での検索殺到!こうなると授業でどんな「たのしみ短歌」が出るのか

授業参観に全国を回ってみたくなる!

ぜひコメント欄で6年生たちのすてきな「たのしみ短歌」をご披露願います!!

じっとお待ちしております~♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

野分ゆく

台風12号は自転車の速度のまま多くの爪跡を残し、日本海へ抜けて行ったらしい。

次なる13号台風もすでに発生しているとのこと。

台風シーズンだから仕方ないかぁ・・・

それにしてものろのろ台風と云うのは台風一過の青空というものをなかなか

簡単には見せてはくれない。

今朝も雨音とともに目覚めずっと静かに降り続く。

リフレッシュ休暇の心身にしっとりとやわらかく浸透してくる。

さ、介護福祉士の受験申し込みを済ませて来なくちゃ!

受験申し込みの証明写真撮り、受験費用の払い込み、諸々の書類の提出...。

ついでに息子の大学の最後の学費振込、姪っ子の結婚祝いも新札を準備して

おかなくちゃいかんし~。

リフレッシュ休暇だといってもやることはい~っぱい。

残りの時間は親孝行でもするかなぁ♪

 

遠くでつくつくぼうしが鳴いてる。

わずかに残る夏を惜しみなく鳴き尽くすかのように。

よく聞けば雨音も・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白くま

この夏何度食べたかわからない白くまというアイスがある。

Photo

 

今さっきもツイッターで「食べたい!」とつぶやいたばかり。

いろんな会社で作られているらしいけど中でもこの丸永製菓というところで

作られてる白くまは主役の氷と練乳のバランスが絶妙でトッピングのみかん、

小豆、ゼリーもそれぞれに極めている。

みかんは冷凍ミカンのように甘味と酸味のバランスが最高で、

小豆も量といい、硬さ加減といい、これまた美味い!

もうひとつチェリーに見立てた赤いゼリーの味と硬さ、安っぽさがいいんだなぁ・・・

パッケージのデザインもすっきり、さっぱりで可愛いし、なんといっても

くまの立ち姿、おっきな鼻がCute~♪

この白くまには思い出もある。

寡黙な長男が数年前に、車の免許をとって初めて運転して買って来てくれたもの。

思い出も味わいのうち、かなぁ~!

 

他愛もない呟きからの記事でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ごほうび

施設で介護講演会へのお誘いがよく来る。

職場の仲間とは普段一緒に働いていてもなかなかじっくり話すことができないので

ランチを兼ねて早めに出かけ、しこたま食べながらおしゃべりをしてから

午後の講演会はどっちかっていうと付録的な感じで参加♪

Dsc01719_2

講演会場の聖隷クリストファー大学に行く途中にあるショッピングセンターの

フードコートにカレー屋さんが入っている。

店員さんがみんなインド人という本格的なナンとインドカレーのお店。

チキンカレー、ベジタブルカレー、タンドリーチキン、ナン、ライスの

よくばりカレー、美味しかった~♪

こういうものを食べると日ごろ頑張ってるご褒美って大事だよなぁ、なんて思う。

 

講演会のテーマは「ターミナルケア」

簡単に云っちゃえば、人生の締めくくりの時間にかかわるってことかなぁ・・・

むしろ本人のケアというよりもご家族のケアっていってもいいのかな。

どっちかっていうと入所者のケアが主な話だったのでデイケアで生活の一部だけ

かかわっている私たちには参考的な内容だった。

 

最近amazonっていうネット上のお店で本をよく購入している。

介護関係の本を5冊、短歌の本を3冊。すべて古本。

・・・とはいっても図書館の本なんかよりもずっと状態が良く、何より安いのがいい!

250円で送料込みだなんてのは、本の状態が多少汚れなどあろうとも

気にしないつもりだったけど、とっても綺麗でまるで新品そのもの。ラッキー♪

ここ数日は毎日のようにそれらの本が届き、パラパラと読み耽るのが楽しい!

 

今もうひとつ欲しいものがある。

Snoopy

そう、snoopy!

スヌーピーは大昔、中学生の頃からのファンでぬいぐるみやグッズは

いったいどれだけ買ったかわからない。

ベッドサイドには娘がUSJで買って来てくれたぬいぐるみもちゃんといるんだけど、

今この「くたくたスヌーピー」にゾッコン!

まだ現物にであったことはないんだけど手触りよさそうでこのダラケた

風情がたまらなくいい。いつかこの子をgetしたいと思っている。

今のところ、介護福祉士の実技試験で名古屋を訪ねたときに買っちゃおうかな、

と考えてるところ。

もちろん実技試験がうまくいった実感を得られたらそのご褒美に・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »