« アスパラガス | トップページ | 夕べよりの雨の朝に »

時の記念日

今日は「時の記念日」だった。

子供のころから何となくその響きが好き。

なんでも日本初の時計がその鐘の音をはじめて響かせた日、らしい。

 

施設では「二胡」の演奏会があった。

二胡は昔から「いつかは弾いてみたい楽器」のひとつ。

なかなか器用な方でアイルランドの楽器をいろいろ演奏してくれた。

ひとつはペニーホイッスル。とても懐かしい音のする笛。

その名の通り、現地では1ペニーで買えるほどのおもちゃみたいな笛、

とのことだったけどなかなかどうしてよい音色だった。

それからコンサーティーナというアコーディオンの原形のような楽器、

それからバイオリンと二胡。なぜかこれを一人でこなすすごい人!

 

最初に施設を訪ねてくださったときに私が二胡に憧れていて今日の日を

とても楽しみにしてたということを挨拶代わりにお伝えしてあったので

演奏が終わった後、特別に二胡を触らせてくれた。

初心者の私にもしっかりと良い音が出せた!きっと高級な二胡なんだろう。

今まではCDで聴いてただけだったけど今日初めて生演奏を耳にし、

自分の膝にのせ皮膚を通して身体の中を駆け抜ける二胡の音色の

とりこになってしまった。

 

今日来てくださった方の知り合いに中国のプロの二胡奏者がいると聞き

さっそく連絡していただくことにした。

他にも施設職員数人もすっかり二胡にハマり、何人かで習いに行き

いつかは施設の中で女子(?)十二楽坊しちゃお~!と盛り上がったので

ありました。

挫折組もいるかとは思うけど、私の場合十年来憧れた二胡にやっと一歩

近づくことができたのだから、きっといつかは二胡を「演奏」といえるほどまでに

弾けるようになってみせると心に誓った。

 

今日来てくださった方がとても良い話をしてくれた。

「ボクが二胡を始めたのは5年前の63歳のとき。

あなたは今からやればボクなんかよりずっと早く上手に弾けるようになるよ。

まずは始めてみなさい!」

 

今、忙しい日常で自分の趣味をあらたに広げる、その背をそっと押してくれる

言葉ってなんだかワクワクする。

そっか、5年後の自分を思い描きながら今から何かに挑戦し始めるのも

楽しいかもしれないなぁ、などと思った良い日でありました。

|

« アスパラガス | トップページ | 夕べよりの雨の朝に »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

二胡の演奏はとても素晴らしいものでした☆
何処か切なげな それでいて穏やかな気持ちになれる不思議な音色ですね。
もっと ずーっとずーっと聴いて居たかったですね^^

恭子さんが上手に弾けるようになったら是非コンサートを開いてくださいね♪

投稿: こころ | 2011年6月13日 (月) 01:30

こころさん、こんばんは

二胡、良かったですね~♪
切なげでいてどこか穏やか・・・
その通りですね!
もう虜ですよ・・・ウットリ。
私だけ特別に弾かせて頂いちゃって
ホントにもうなんて言っていいんだか
感激でした。
膝に載せて弦を弓で軽く撫でてみただけで
音が身体の中を駆け抜けるような不思議な感覚を味わわせていただくことができました。
もう何が何でも習いたい!と強く思いつつ連絡待ちの状態です。

いつか女子五楽坊くらいでミニコンサート出来たらいいですね!
もちろん、こころさんがリーダーで♪

投稿: 恭子 | 2011年6月13日 (月) 21:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1038096/40347776

この記事へのトラックバック一覧です: 時の記念日:

« アスパラガス | トップページ | 夕べよりの雨の朝に »