« 若葉のひと | トップページ | ジューン・ブライド »

梅雨寒の日に~一部訂正

今日は仕事を休んで父のope.に付き添った。

実家は家から車で10分ちょっとの隣町にある。

実家の狭庭にもまた四季折々の花々が咲く。

Nec_0293  

紫陽花が綻び始めていた。

ほのかに花はしが薄紫に色づいている。

 

Nec_0294

カタバミのつぼみが今朝の雨にうつむいていた。

 

Nec_0291_2

本当はもっと目が覚めるほどに鮮やかな色なんだけど・・・

 

Nec_0297  

実家の玄関にもう何十年も掲げられている実弟の書がある。

中学の美術の時間に制作したもの。

もう35年ほど前に・・・

 

Nec_0299

父の手術を待つ間、病院の庭を歩いた。

ポプラの青葉が目に鮮やかで見上げると何やら色の違うものが見えた。

花だ!ポプラって花が咲くんだ(そりゃそうでしょ)

・・・と前に書いたんだけど、訂正します!

他のサイトに写真掲載した際に

訪ねてくださった方に教わったんだけど

「百合の木」の花、とのことでした。

Nec_0298  

手術を終えて父にそのことを話すと

とても興味深く一緒に眺めた。

花を正面から撮ろう!と父が私の方へ枝を向けてくれた。

 

父の手術は大成功!

この花のことを父も私もきっと忘れないんだろうな・・・

などとそっと思った。

|

« 若葉のひと | トップページ | ジューン・ブライド »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

手術が無事に終わって良かったですね。

お父様も恭子さんもおつかれさまでした。

ポプラの花が見守ってくれているみたいですね。

投稿: 詩月めぐ | 2011年6月 1日 (水) 02:13

めぐちゃん、こんばんは

心配かけちゃってごめんね。
手術は成功して今日は自分で術後検診に行ったって。
ホッと一安心・・・

ポプラに花が咲くこと自体考えてみたこともなかったので
ちょっとビックリ!
めぐちゃん、ポプラの花って知ってた?
異国情緒いっぱいの花だよね。
手術中、待合室から薄曇りの空を何気なく見あげてて見つけたの。
とっても背の高い木にポツリポツリと明かりが灯るように咲いてた。
そうだね、手術の父を見守っていてくれるかのようだった。

投稿: 恭子 | 2011年6月 1日 (水) 20:40

今晩は♪
手術も無事終わり、術後も良いようで恭子さんも一安心でしょう。

ポプラに花が咲くって知りませんでした。
希望の星のように見えたのでしょうか?
ほんとに南国のフルーツがなりそうな花ですね。
初めて見ました。いつかは本物がみたいです。
小学校六年通ったけど、一度も咲かなかったなぁ…
貴重な一枚にあえて、今日は良い日になりました。

弟さんの字も素敵ですね。才能あふれる姉弟、うらやましいです。

投稿: 螢子 | 2011年6月 1日 (水) 22:39

螢子さん、こんばんは

父のことではご心配いただきありがとうございました。
手術直後から元気で笑顔でポプラの花を見上げる父を見てホッとしました。

ポプラも咲く年と咲かない年があるのでしょうか?
だとしたらなんだかエールのようですね!
私にとっても大切な写真の一つとなりました。

弟というのは未だ独身貴族を気取っていて私以上に趣味に生きる人なので
カレの老後が心配な私です(リアルな話)

投稿: 恭子 | 2011年6月 1日 (水) 23:01

こんにちは〜

お父様の手術無事成功diamond良かったですね。
小さい頃とは違い、年齢を重ねてからの親子の思いで
改めて考えさせられたような気持ですconfident

ポプラにお花が咲くなんて知りませんでした。
良いものを見せていただきました♪

紫陽花。。。蕾も楽しめますが、何色だろう?楽しみですnote

投稿: 大海 | 2011年6月 4日 (土) 12:09

大海さん、こんばんは

父は私が中学入学直後に胃潰瘍の手術をし、その後も椎間板ヘルニアを2回、
前立腺がん等あらゆる手術を経験し、手術慣れしているためか今回の指の
腱鞘炎の手術をとても軽く考えていて自分で運転して帰るからいいよ、だなんて
言うので急遽仕事を休ませていただき手術に付き添ったんです。
案の定、術後は麻酔で痺れていてとても運転できる状態じゃないといってました。
いつまでも若い気でいるので困ってしまいます。

ポプラの花は私も初めてみました。
5cmほどの花でしたが木の大きさに対しては小さいので目立たないだけかも知れませんね。

紫陽花は何色でしょうね?
また実家を訪ねてみましょう。

投稿: 恭子 | 2011年6月 4日 (土) 20:19

恭子さん、こんばんは☆
お父様・・・そうでしたか。。。
でも、無事に終えられたとの事。記事&コメを見てホッとしました。

弟さんの書も素晴らしいですね☆
ご親族揃って芸術家のようで まことに羨むばかりなり~^^

ポプラの花は初めて見ました@@
柔らかな色合いが心を和ませてくれるようです。

投稿: こころ | 2011年6月 5日 (日) 00:20

こころさん、こんばんは

先週火曜日は認知症勉強会に参加するばかりでしたが
直前に父が手術の話をするので驚いて勉強会をドタキャンしてしまい
大変申し訳ありませんでした。
お陰さまで手術は大成功でした。
せっかちな父はまだ麻酔も半分ほど残っている状態で
指が動くことを確認しては痛みに耐えつつも大喜びしておりました。
父は数年前から町の公民館で手品教室などをしていて、
ここ半年の指の不調はとても辛かったようです。

よくよく聞いてみれば4月末には手術日が決まったようで・・・

無情な私は
「今度どっか切るときにはもっと早めに言ってよ!」
だなんてオペマニアの父に心なく言い放つのでありました。

弟は漫画、CG、バイオリン、油絵・・・
と、これがまたそれぞれに極めていて(姉と大違い)
結婚どころじゃないのが困りものです。

ポプラの花は珍しいですね。
病院にお願いしてひと枝いただいて
皆さんにも見てもらえばよかったなぁ、と今さら。

投稿: 恭子 | 2011年6月 5日 (日) 00:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1038096/40210284

この記事へのトラックバック一覧です: 梅雨寒の日に~一部訂正:

« 若葉のひと | トップページ | ジューン・ブライド »