« 夏みかん | トップページ | 梅の花 »

茶香炉

Chakouro1

昨日のブログにのせた歌を書いてみた。

というのもイラストスタジオという描画ソフトの体験版を再度DLしたものだから

お試し的に・・・

私はいつもこういったソフトを書のためにDLしているような気がする。

買うと高いのでお試し版のつなぎばっかり~♪

結構筆で書いているような感覚で書けるところが良い!

また30日間は使えるので書だけでなくひとつくらいは絵も描いてみようかな。

|

« 夏みかん | トップページ | 梅の花 »

俳句・短歌」カテゴリの記事

コメント

恭子さん、こんばんは(^^)
とっても素敵な一枚が撮れましたね。
構図がとってもいい。
ロウソクの光りが半分だけ写り
丸い穴の縁を照らし幻想的に、
背景には、あたたかい光りがもれ
写真に立体感がでてますね。
頑張ってますね

投稿: Rossy | 2011年1月24日 (月) 18:19

Rossyさん、こんばんは

すみません・・写真変えました。
というのも実はあの写真は私が撮ったものではなかったんです。
歌のイメージに合う写真を探していてある茶香炉のネットショップの商品の写真をお借りしたんです。
それは著作権違反か何か、いけない行為なんですよね。
写真を純粋に愛するRossyさんの心を傷つけてしまいました。

・・ごめんなさい。

投稿: 恭子 | 2011年1月24日 (月) 21:47

恭子さん、おはようございます。
ぜんぜん、私は問題ないですよ^^
こちらこそ撮ったとも書いてないのに
早とちりして、大変ご迷惑をおかけしました。
どうも、すみませんでした。
逆に恭子さんの、こんな勇気に感動です。

投稿: Rossy | 2011年1月25日 (火) 10:08

恭子さん おはようございまーす

茶香炉...どんな香りがするのかな
残念ながら私には、茶香炉を嗜む習慣がないだけに想像なのですが、お茶屋さんの前を通るととても良いお茶の香りがしてますが...そんな感じ?なのでしょうか〜。
アロマ効果ありますよね〜

詩の意味なのですが、
凍てつくほどの寒い夜、お茶の香に包まれてると、遠い昔の哀しみを思い出します。と、
この様な意味なのでしょうか?
いやいや、哀しみがお茶の香に融けていく
こうでしょうか?
想いにふける感じいいな〜

ソフトの有効活用には関心します。達筆です


投稿: 大海 | 2011年1月25日 (火) 10:33

Rossyさん、こんばんは   

Rossyさんの寛大なお心、痛み入ります。
今後は軽はずみな行いをせず、Rossyさんのように心ある写真を撮れるよう気を入れ替えてまいります。


投稿: 恭子 | 2011年1月25日 (火) 22:46

大海さん、こんばんは

茶香炉の香はお茶屋さんの香りと同じだと思ってくだされば良いと思います。
日本に昔からあるものを体に取り込むことが一番自然なんじゃないかと私は思うんですよね~♪

歌に心をとめてくださってとても嬉しいです。
歌の意味は大海さんのおっしゃる後者のとおりですが手元をひとたび離れた歌は受け手に任せると聞いたことがありますので、ぜひともご自由に読み解いて頂けたら・・・と思います。

投稿: 恭子 | 2011年1月25日 (火) 22:59

恭子さん こんばんは〜

手元をひとたび離れた歌は受けてに任せる...
なんとも、奥深い古典的な響きを感じます。
すてきだなぁ
教えていただきありがとうございました。

投稿: 大海 | 2011年1月26日 (水) 21:28

大海さん、こんばんは

「奥深い古典的な響き」ですか。
大海さんならではの感性ですね。

でも実は歌に限らず書でも絵でも小説、手紙、メール、何げない日常の中の言葉もすべて同じなのではないか、と思うんですよね~。

投稿: 恭子 | 2011年1月27日 (木) 20:05

こんばんは〜。

そうですね。日常の言葉も勿論の事ながら、私は息吹き込まれたもの、生命を与えられし生き物など...
それなりにあたりはまるのではないかと...
恭子さん、色々教えていただきありがとうございます

投稿: 大海 | 2011年1月27日 (木) 20:49

大海さん!
なかなか更新しないのんびりブログを何度も訪ねてくださって何だかとっても嬉しくって~♪

生命を与えられし生き物!・・なんだかスケールでっかくなってきちゃいましたねぇ(笑)

投稿: 恭子 | 2011年1月27日 (木) 21:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 茶香炉:

« 夏みかん | トップページ | 梅の花 »