« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月の投稿

久能山東照宮

Dsc00321

うちの近くからの富士山は雄大で美しいなぁ

 

Dsc00324  

近づいてみるともっと絶景だろうと思いきや・・・そうでもない。

富士山は近年形が変わったんだろうか?

雪国では大雪で被害も出たようだけど富士山は寒中の姿ではない。

日本平からの風景。手前は駿河湾。

 

Dsc00329_2  

今日は一年に一度の胃カメラの検査のため仕事を休んだ。

検査は朝だけなのでカメラを持って静岡へ足を伸ばした。

久能山東照宮(くのうざんとうしょうぐう) 楼門(ろうもん)

美しいなぁ・・・

 

Dsc00333  

寒桜がちらほら咲いてた。

透ける薄ら日が美しかった。

Dsc00334  

防火用の甕があちらこちらにあった。

数ヶ月前に落ちたと見えるもみじが解け残った氷に寄り添っていた。

よく見れば金魚もいた。何を食べているんだろう・・・

 

Dsc00338  

家康が愛した八房梅(やつぶさうめ)。

ひとつの花に八つの実がなるとか・・・

濃い桃色の八重咲きの梅の花はうつむき加減がしとやか。

 

Dsc00343  

神楽殿の中には木目込み手毬の吊るし雛のようなものが展示されていた。

東照宮の煌びやかな色に負けていなかった。

 

Dsc00344   

神楽殿前にはガンダムの徳川家康バージョン??が。

バンダイ、タミヤのような有名プラモメーカーがある静岡ならではの展示!?

 

Dsc00345  

久能山の深きに煌めきながら鎮座する拝殿。

おぉ、鮮やか!

Dsc00346  

日光東照宮に負けず劣らずの美しさ!!

それにしてもいったい何色で彩られているのだろうか?

どうしてこんなにも派手派手しいのだろう・・・

後に書く家康の遺訓とは正反対のイメージなんだけど??

人に厳しく自分に甘かった人なのかな?

疑問は絶えない・・・

 

Dsc00347  

神廟(しんびょう)

徳川家康が眠る場所。

とても多くの方がお参りにみえていました。

この裏手辺りに家康の愛馬の墓もあったが、裏手まで回ってみる人はなく

とても寂しげだった。 

 

家康遺訓・・・

人の一生は重荷を負て遠き道をゆくがごとし 

いそぐべからず

不自由を常とおもへば不足なし

こゝろに望おこらば 困窮したる時を思ひ出すべし

堪忍は無事長久の基 いかりは敵とおもへ

勝事ばかり知りて まくる事をしらざれば 害其身にいたる 

おのれを責て人をせむるな

及ざるは過たるよりまされり

 

Dsc00348

久能山から見下ろす駿河湾の絶景。

海沿いは国道150号線、その手前に並ぶビニールハウスは静岡で有名な

石垣イチゴの温室。石垣の石の持つ熱で育つイチゴはとても大粒で甘い。

でもイチゴ狩りは一人\1,800なのでちょいと高すぎてね・・・

 

それにしても静岡ッてホント美しい場所がいっぱいなんだわぁ~

だなんてことをつくづく思うのでありました。

 

おまけ・・・

Dsc00350  

日本平ロープウェイの乗降所にそびえ立つは「地デジ」アンテナだって。

アナログ放送は7月で終わっちゃうんだね。

TVの番人してるおじいちゃんおばあちゃん、準備してね!!

 

しつこいようだが

TVのセールスマンではない♪

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

タジン鍋

風邪撃退には温野菜が良い!なんていいますが、鍋料理ばかりじゃ飽きちゃうので

何か良いメニューはないかと思いつつ、ちょっと前から気になっていた「タジン鍋」を

ついに購入しちゃいました。

Dsc00231

この鍋が話題になったころにはまだ高くて買えなかったけど、

最近はだいぶ安くなってきたのでそんなこともあって・・・。

 

あり合わせの野菜をこの鍋に投入して蒸し焼きにしてポン酢でいただくだけという

手抜き大好きな私にはもってこいの鍋。

先日はキャベツ、にんじん、もやし、ネギ、水菜、鶏肉(ささみ)、ベーコン、エビなど

少しずついろいろ蒸し焼きにし、ポン酢で食べた。

油をひかなくても良いのでカロリーオフになるし、水を入れる必要もないので

野菜本来の持つ甘味、旨味が引き出せてなかなかGood~♪

 

我が家で人気メニューのジャーマンポテトのチーズ焼きは「今日のメニュー」で

写真付きでレシピを紹介している。クリック→→→ 我が家のベーコンポテト♪

今思えば、レシピをみてるだけで作るのがめんどくさいこのメニューもタジン鍋で

作れば材料を切り始めるところから10分ほどで出来上がっちゃうので楽々!

Dsc00304  

①玉ねぎ(スライス)、じゃがいも(一口大)、ベーコン(1.5cm巾)、

 しめじ(小株に分ける)、ピーマン(細切り)に切り、

 そのままタジン鍋に投入。ピザ用チーズをのせて蓋をする。

②強火にかける。味付けも不要。

③鍋蓋がコトコト音をたてたら弱火にして5分で火を止める。

Dsc00265

チーズに焦げ目をつけたい場合は蓋をとったままオーブンでこんがりさせることも

できちゃう強靭な鍋なのです。

我が家はこのままでOK~(あくまで手抜き)。

なんといってもジャガイモのような硬いものにもすぐに火が通るのがすごい!

今まで30分以上かけて作っていたのがたった10分ほどでできちゃうから

時間も節約になるし、ガス代、電気代も節約できるってわけなんです。

なんでもこのとんがり帽子のような形の蓋に熱を効率的にまわす秘密が

隠されているようですよ~。

圧力鍋につづく我が家の、いや私にとっての人気鍋となっています♪

新たな簡単レシピを知りたいのでぜひ教えてくださいね。

 

え~と、それから・・・タジン鍋のセールスマンではありませんのでご安心ください。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

梅の花

Ume4 

(↑クリックすると大きく見えます♪)

梅の花の話題がちらほら・・・

うたのわでも梅の歌が多く詠われる今日この頃。

先日利用者さんが持ってきてくれた蝋梅を朝の会の話題に上げ

25日が初天神だったのでそんな話をしていたら

誰ともなくこの歌を口ずさみ始めた。

部分的におぼろげに口ずさむ声にそっと声を添えるととても嬉しそうな

表情をしてみな声をそろえ最後までこの歌をうたった。

やっぱりお年寄りってステキだ!

 

蝋梅の香に寄り添ひて口ずさむ道真のうた君な忘れそ  

| | コメント (4) | トラックバック (0)

茶香炉

Chakouro1

昨日のブログにのせた歌を書いてみた。

というのもイラストスタジオという描画ソフトの体験版を再度DLしたものだから

お試し的に・・・

私はいつもこういったソフトを書のためにDLしているような気がする。

買うと高いのでお試し版のつなぎばっかり~♪

結構筆で書いているような感覚で書けるところが良い!

また30日間は使えるので書だけでなくひとつくらいは絵も描いてみようかな。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

夏みかん

我が家の庭に毎年たわわになる夏みかんの木がある。

いったい何個くらいの実をつけるのだろう??きっと100個くらいはあるだろう。

肥料をやるとか摘果するなどといった手をかけてやればきっと一つ一つの実が

甘くなるんだろうけど子育てと同じで放任のためとにかく酸っぱくて誰もとることなく

花と同じように愛でておしまいなのであります。

しかし今年はちょっと何かして見ようかしらん?という気になり、とりあえず何個か

摘みとってみました。

Dsc00289

ま、とりあえず砂糖漬けにでもしてみましょうか~!ということで

Dsc00287

①厚い皮に包丁目を入れて剥き、

②一粒一粒にして

③平らな方を包丁で切り落とし

④薄皮を丁寧に剥き

⑤タッパーに並べ

⑥一段ごとにグラニュー糖をかけて

⑦重ねていく

Dsc00292

Dsc00291

横から見るとすでに水分が出てきてる~。

タッパー2つ分剥いたらなんだか指先が痺れてきた。

外で冷え冷えになっていた夏みかんの汁は結構冷たくて

指先の感覚がなくなってきたんだろう。

一時中断し、しばらく手をお湯につけたら元に戻った。

外の厚い皮がいっぱい出たので今度はマーマレードを作ろう!

 

今年はなんとか夏みかんを味わうことができるかな・・・♪ 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

心しづかに

Photo

大寒も過ぎ今年最初の満月も過ぎて

春は待たれる

 

Photo_2

去年の紅葉のころにやっとみつけた茶香炉に

毎晩火を入れて古茶のリサイクルをしつつ

何とも言えないお茶の香を聞きつつ

今年の干支、うさぎの影絵などを楽しんだりする・・・

 

Photo_4

なんだこの歌は・・・??

ちょっとおもしろいかな?

たまにはこんなのも良いね!

 

最近「二胡」の音色にはまりまくって狂ったようにyoutubeで聴いている。

気になるのはチェン・ミンさん(女性)と曹雪晶さん(男性)。

 

風のくちづけ/チェン・ミン(二胡) You tubeより

 

千の風になって/曹雪晶  

 

お二人ともおそらく中国のプロの二胡奏者ではないかと思う。

二胡には男性用と女性用とがあるのだろうかと思うほど音色が違う。

まるで囁きのような語り部のような音色・・・聴きこむほどに魅せられる。

 

そんな心穏やかな今日この頃なのであります。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

ふたたびの雪

2

 

   ふたたびのゆきおとずれる

     わがそでに わがふところに こころのひだに 

 

良く降る雪だ・・・

雪国はきっともっと降っているんだろう

| | コメント (2) | トラックバック (0)

野辺の雪

ゆうべの雪は夢まぼろしのごとく消えようとし

うっすらとわずかに残る雪はせつなき吐息のようでありました・・・

Photo_6

| | コメント (6) | トラックバック (0)

奥山半僧坊

今日は引佐(いなさ)の奥山半僧坊を訪ねた。

昨日から寒くなるとは言われていたけどさすが文字通り奥山の空気はビシッと

冴えきっていた。

ゆるやかな山道をあがっていくと五百羅漢が立ち並びみなそれぞれどこかで

見たことのある顔触れのような気がして和んだ。

Dsc00200  

 

 

本堂では読経が行われていて静かなたたずまいの中に体の奥まで響き渡るような

声が心身を引き締めてくれた。

Dsc00211

 

本堂の脇の小部屋では吊るし雛とちりめん小物の展示がされていて枯れ色の

本堂のひと隅を彩っていた。

Dsc00213  

 

本堂の上には上天台舎利殿があり美しい回廊でつながっていた。

Dsc00219  

その袂には「いろはかえで」の木が植えられており、すべて散り果て枯れ色となった

葉の中にひと際目を引く真っ赤な葉が数枚残っていた。

Photo  

落ちて根を出し生き延びたとしか思いようはない鮮やかな色だった。

 

Dsc00216  

与謝野晶子もこの地を訪ねたくさんの歌を詠んだということで

五百羅漢の中に歌碑が立てられていた。

     

    奥山のしろがねの気が堂塔を 
 
          あまねくとざす朝ぼらけかな  与謝野晶子

 

帰るころには降り止んでいた雨が雪になりそうなほど空気がピリッと

凍っていた。

Photo_4

奥山はまだまだ深い。

今度は桜のころに訪ねたい。

 

今、遠州も雪が降っている。

雪道に慣れていない息子がバイクで出かけたきりだったので心配だった。

鼻の頭を真っ赤にして白息を吐いて嬉しそうに雪の報告をしてくれた。

明日の朝の景色が楽しみ~♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さわやか♪

  

娘が帰省したので息子と三人で夕飯を食べに出かけました。

いつも帰ると決まって食べに行く遠州では有名な「さわやか」というファミレスの

「げんこつハンバーグ」

目の前で仕上げ焼きをしてくれるので買ったばかりのカメラで動画を撮りました♪

声も入っちゃっててちょいとお恥ずかしいですが・・・ 

半分はお店の塩&コショウで、もう半分はオニオンソースで食べるのがオススメ     

           

デジカメの動画機能でとっても綺麗に撮れることがわかったので

今度は遠州の美しい風景などをブログにのせてみたいと思います。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

梅いちりん

Photo  

    はつはるのかぜにかをきくうめいちりん

            あたらしきひをつつみてしろし

 

奈良で仕事をしている娘が帰省したのでもう一度お参りに行きました。

その神社の誰も立ち寄ることのないちいさな梅園に紅白の梅が咲き始めていました。

Dsc00164

 

早いものでもう梅の花の時季がやって来たんですね。

ここ数日、明らかに日の出は早く、日の入りは遅くなってきています。

そして寒い寒いと言っていてもこうして着実に初春の花は咲き初めるのですね。

私も一歩一歩進んで行かなくちゃ!

| | コメント (10) | トラックバック (0)

春の七草

今日は一月七日。お正月にお節やお酒などで疲れた胃腸をいたわるために

七草粥を食べる日などと言われている。クリスマスに続いてついつい買い求めてしまった。

Dsc00159

 

せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ、春の七草

・・・などと三十一文字でリズム良く唱えられたりするけど、こうして分けてみても

残念ながらすずな(かぶ)、すずしろ(大根)以外は今一つ区別がつかない。

ましてこれを和歌の如く野に出て摘もうと思ったって到底無理というもの。

Dvc00029_4

散歩道でなんとか摘めるものは「仏の座」くらいかなぁ。 

Dsc00162  

圧力鍋で炊いてみた。つけた味は塩味のみ。

あとはお米の持ち味と七草の青臭さ・・・

それ以外は何の味もしない。

そんな原点のような食をからだに心に取り込むことがきっと何より大切なんだろう。

美味しくいただきました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

初春にほろ酔ひぬ

「うたのわ」という短歌サイトに一昨年の5月からお世話になっている。

伝統的な和歌あり現代短歌あり、自由気ままにさまざまな歌が詠われていて

色とりどりの歌の園となっている。

五・七・五・七・七の三十一文字(みそひともじ)を守った歌もあれば、

自由律の歌もあり、超難関の回文で詠まれた歌もある。

それぞれの頭文字に意味のある言葉を一文字ずつ置く「折句(おりく)」や

各句の頭とお尻に一文字ずつ置く「沓冠(くつかむり)」ということば遊びもある。

先日、「うさぎどし」を各句の頭文字に置く折句に挑戦しようとしたけどどうしても

詠めなかったので沓冠を詠んでみた。詠みこんだ文字は

「初春(はつはる)にほろ酔(よ)ひぬ」 

  

  花散りぬ月影慕ひ春一夜

      瑠璃の風いろにほふ浦潮 

 

はなちりぬ つきかげしたい はるひとよ るりのかざいろ におううらしお

 

(は)花ちりぬ (ぬ)

 ↓        ↑

(つ)月影慕ひ (ひ) 

 ↓        ↑

(は)春一夜  (よ) 

 ↓        ↑

(る)瑠璃の風いろ(ろ) 

 ↓        ↑

(に)にほふ浦潮(ほ) 

 

・・・という感じ。 

 

ついでに我流で筆を走らせてみた。

Photo_2

まぁ、意味はないというか・・・

春迎ふ雰囲気のみを詠みこんでみた、と言ったところでしょうか。 

 

今年もまたゆっくり私らしく詠んで行けたら良いなぁ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

新年に思ふ

Photo

新年明けましておめでとうございます

たくさんの方に出会い、支えられ今の私があることを心深きに思い

新たな年に感謝を忘れることなく私のペースでのんびりと歩んでいきます

今年もどうぞよろしくお願いします

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »