« 仕事 | トップページ | 冬の初めに »

晩秋~初冬へ

今日11月7日は「立冬(りっとう)」

暦の上では冬なんだなぁ。今年の秋はずいぶん短かった。

それでも美術館巡りをしたり、ローカル線の旅に出たり、良い秋の日は満喫できた。 

最近、写真は撮っているものの日記を更新しないので携帯電話の中に写真が

たまっていく一方だった。

つれづれなるままに写真につぶやきを添えてみましょう。

Nec_0197_2  

利用者さんを家まで送ったら、庭にあった

「パイナップル・グァバ」

という珍しい果物を大きなポリ袋いっぱいに持たせてくれた。

大きさは平均3~4cmくらいで縦に割ってスプーンですくって食べる。

酸味の少ないキウイのような、独特感の少ないライチのような味で

たくさん食べるととってもお通じが良くなる! 

Nec_0199  

施設に誰かが持ってきてくれた「ダリア」。

直径15cmくらい。ダリアってそんなに大きな花だったんだね。 

Nec_0200  

ちょっとピンぼけだけど、黄色いホトトギス。

紫色の杜鵑草(ホトトギス)とは形がずいぶん違うけどホトトギス科の花、らしい。

Nec_0147

カエル嫌いな方には申し訳ありませんが、

この子はここ3カ月ほど台所でともに暮らしているカエル君。

といっても知らぬ間に迷い込んでハエや蚊などを捕えて命をつないでいたか

と思われる。

ここ数日姿を見なくなった。冬眠のために外へ出たのだろうか?? 

Nec_0203  

娘が珍しく帰省したので磐田のららぽーとへ。

きれいな空だなぁ・・・ 

Nec_0205  

空飛ぶ練習??

サンタさ~ん、準備万端だよ~♪かな? 

Nec_0209

寒椿かな・・・。純白・・・ほのかに紅も浮かべて。 

Nec_0210  

冬立つ空に紅添えて・・・ 

Nec_0213_2  

左の子は娘の寝顔にそっくり!

まんまるくって、なんて福々しい・・・ 

Nec_0219  

家のそばの久野城址のコスモス。

この辺りではここがこの秋最後のコスモス。

少し花の勢いが衰えてきたころ・・・ 

Nec_0222  

花びらがい~っぱいに見えるね!な~んか一所懸命咲いてる感じ。 

Nec_0226

♪ 遠い山から吹いてくる  小寒い風に揺れながら

  気高く清く匂う花  きれいな野菊  うすむらさきよ ♪ 

Nec_0229  

あざみ??夏の花、だったよね? 

Nec_0232  

桜?代表的な春の花・・・

Nec_0233  

石蕗(つわぶき)の花が何だか終わりごろ。 

Nec_0235  

こちらも寒椿。小さなつぼみが開くと大きな大きな花になる。

ゆっくりと ほどけていくんだね。 

Nec_0236  

烏瓜(からすうり)の実。

こんなに真っ赤なのに花は綿に包まれたような真っ白な花なんだよね。

自然界の不思議。 

Nec_0243  

直径5mmほどのちっちゃな花。ちいさな緑色の実が付いていた。

見過ごしてしまうようなちいさな花に目線を揃えてみると ちょっとしあわせ♪ 

Nec_0246  

空の道・・・・・?

飛行機雲が風にとけゆく 

Nec_0247  

ほおずきのような・・・

これも「ふうせん」なんとか、かな?

白いような黄色いような直径1cmくらいの花の実。

花を撮ろうとして低く構えたらこの実に気づいた。 

 

Nec_0252  

藁塚(わらづか)が孫生(ひこばえ)の中でかくれんぼしてるよ♪

この稲は刈られることなく霜の降りる頃に枯れ果ててしまうけど

おそらく実はスカスカなんだろうなぁ。 

Nec_0253  

大好きな花のひとつ。

真っ白なすみれの花が。これもまた春先の花なんだけどね。

藁の間から顔を出しているのでおそらく地熱が春並みってことなんでしょう。 

Nec_0255  

こういった名も知らぬ草も花のころなのだ。 

Nec_0257  

犬蓼(いぬたで)、だったっけ?

今、あちこちの枯野をほのかに彩ってる可愛い野の花・・・花?草? 

Nec_0258  

わ~、あったかそうな綿毛だ。

良い風を待っているんだね。遠くへ遠くへ飛んでいきたいんだ。 

 

またとりとめもなく、思いつくままに撮った写真に言葉を添えて。

|

« 仕事 | トップページ | 冬の初めに »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ちょっと、お邪魔します。これは飛行機雲ではなく『ケムトレイル』と呼ばれるものです。
 その証拠に、この様な航跡が毎日見られ、空が白空か、せいぜい水色空の毎日でもう青空はありません。
 ケムトレイルで画像、動画を検索したり、『ケムトレイル・気象操作掲示板』等をご参考頂ければ幸いです。各地の散布がわかります。
 アメリカ、ドイツは大手マスコミが報道せざるを得ない状況で、日本もそろそろでしょう。
 お写真を拝見しても、空が白っぽい、粉っぽい感じです。昼夜分かたず散布する事が多い為そうなります。
 日本はアメリカのカリフォルニア州程度の広さしかない為、大型機で周回散布が可能です。その為、田舎とされる所でも目撃されます。

また、曇りの日はバレないので散布しまくりです。梅雨の時期は気付く人も減ります(要は毎日散布するという事です)。

最近は夜間散布が拡散して、朝一から空は白い事が多いです。

投稿: MR.T | 2010年11月 8日 (月) 00:40

恭子さん、こんにちは。

そうですよね、
暦の上では冬なんですよね。
短い秋・・・少し寂しい気がします。

今回の写真はたくさんあって
楽しませていただきましたよ(^^)
ダリア迫力あって、しかもきれい。
雲の道もとっても幻想的。
おじぞうさんは赤がよく似合う。
写真みて、思わずにんまり、
幸せな気持ちになりました。

投稿: Rossy | 2010年11月 8日 (月) 11:57

MR.Tさま、こんばんは

コメントありがとうございます。
「ケム・トレイル」早速検索してみました。
飛行機雲とは別物なんですか、知らなかったです。

この辺は大変田舎で空気の汚染も空の色が異常とも感じませんが・・・

それにしても日本がこういった妖しいモノをばらまくような飛行を
放置するとも思えませんが??

難しいことはよくわかりませんが・・・

投稿: 恭子 | 2010年11月 8日 (月) 20:49

Rossyさん、こんばんは

私の大好きな秋がもう行ってしまったんだなぁ、などと感傷的になったりして。

写真、だいぶ撮りためていたのでとりとめもなく・・・

ダリア、実物はもっと鮮やかでハッとするほどきれいでした。

Rossyさんの真似したというわけではないですが、
灰色の風景の中の赤というのはひと際鮮やかで心にグッときますね。
色が心に及ぼす影響はとても大きいとつくづく思います。

投稿: 恭子 | 2010年11月 8日 (月) 20:56

恭子さん、こんばんは。

黄色いホトトギスはジョウロホトトギスだと思います。
うちの庭にも咲いています。

たくさんの花の写真に癒されました。(*^-^)ニコ

投稿: 詩月めぐ | 2010年11月 8日 (月) 23:31

めぐちゃん、こんばんは!

ジョウロホトトギス...初めて聞いた名前!
もちろんこの花を見たのも初めて。
珍しい花だね。
めぐちゃんちの庭にあるんだ~。
この時期に咲くってことは寒さに強いってことだよね。

やっぱり花は癒されるね~。

投稿: 恭子 | 2010年11月10日 (水) 23:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1038096/44438007

この記事へのトラックバック一覧です: 晩秋~初冬へ:

« 仕事 | トップページ | 冬の初めに »