« 曼珠沙華 | トップページ | 蕎麦の花 »

とりとめもなく・・・秋の章

Nec_0161  

 

我が家の東庭一面を今にぎやかにしてくれてる黄色の花。

菊の種類かな・・・

 

Nec_0159  

 

その隣にはイチジクの木が実を赤らめて(遠州弁かな?変換されなかった)

 

Donguri  

 

ねむの木こども美術館に行ってきた。

忘れかけてた大切なものを思い出させてくれる場所・・・

 

Nec_0170  

 

ねむの木のこどもたちの絵のように

真っ白で、まっすぐなこの花に惹かれた。

 

Nec_0165  

 

もうお茶の花が咲いてるんだなぁ・・・

雨に濡れてきれい。 

 

Nec_0174  

 

雨の野にぽつぽつと灯るようなつゆ草の青が綺麗。

 

秋って、やっぱりいいな。

 

|

« 曼珠沙華 | トップページ | 蕎麦の花 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

恭子さん、こんにちはヽ(´▽`)/

すてきな写真ばかりで楽しませて頂きました。お庭に黄色いお花が一杯。綺麗ですね。
そして、そして私の大好物「イチジク」が!おいしそう。あー食べたくなりました。
そして、きれいなきれいなお茶の花。
雨にぬれて、ほんとに綺麗。

秋って、ほんとにいいですね。

投稿: Rossy | 2010年10月11日 (月) 18:40

恭子さんこんばんは♪

遠州は雨でしたか?
こちらは暑いくらいの良いお天気。
草取りしたり、薔薇の花ガラつみしたり、
久しぶりに庭仕事しました(蚊と格闘しながら)
去年買ったお茶の木、つぼみたくさんついてた。咲くの楽しみで~す。遠州はもう咲いてるんですね。
気候がよくなって庭に花が咲き出しました。
癒されてます。

恭子さんの家はいつもお花がいっぱいでいいですね。

投稿: 蛍子 | 2010年10月11日 (月) 19:08

Rossyさん、こんばんは

この黄色い花はなんでしょうね。
ものすごくたくさん咲いています。
背の高いものは2mくらいありそうです。

いちじくは家庭用なのであまりたくさんはなりませんが、私も大好きで赤くなるのを楽しみにしています。

秋は私の大好きな季節なんです。
冬生まれの私は暑い夏が大変苦手で、やっと暑さから解放される秋は最高です!

空も高いし、野の花はきれいだし、日の光が真っ白で、風が透き通っている秋は俳句短歌の題材がい~っぱいです!
といってもなかなかまともなものはできませんが。

Rossyさんに写真のことについて相談なんですが、写真を加工するソフトを通すと画像ががくっと落ちてしまうような気がするんですが、何かお勧めのソフトってありますか?

投稿: 恭子 | 2010年10月11日 (月) 21:22

螢子さん、こんばんは

螢子さんはよく働きますね。
私はお休みの日はきまった家事以外はほとんどしません。
庭仕事はいつも義母任せ・・・♪

螢子さんの短歌から今どんな花が螢子さんの家の庭を賑わしてるのかよくわかります。

今の時季の蚊は生き残りがかかっているからか攻撃的というのか刺されると痛いですよね。
静岡にもいっぱいいますよ。嫌ですね~。

お茶の木って普通に売ってるんですか?
新芽のころには我が家で飲むくらいの新茶はできそうですね。

投稿: 恭子 | 2010年10月11日 (月) 21:27

恭子さん、こんばんは。
画像編集ソフトですが言われる通りです。ソフトに通せば通すほど画像が落ちます。
ソフトに通す時は大きな画像でソフトに通して、それから小さいサイズのすると綺麗に仕上がりますよhappy01
ソフトに通すのは1.2回が良いと思います。
参考までに私が使っているソフトはPhotoshop Elements 8です。 

投稿: Rossy | 2010年10月12日 (火) 23:34

Rossyさん、こんばんは

早速に教えてくださってありがとうございました。

私は使いやすさからJtrimという無料ソフトを使っています。
大体一回しか通さないんですが大変画質が落ちますね。
無料ソフトってそんなもんでしょうか。

Rossyさんの使われているソフトはお店で買うんでしょうね・・・

私の写真は今のままが合っているのかもしれません。

投稿: 恭子 | 2010年10月13日 (水) 00:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1038096/44438016

この記事へのトラックバック一覧です: とりとめもなく・・・秋の章:

« 曼珠沙華 | トップページ | 蕎麦の花 »