« 道の途中にて... | トップページ | 至福の日々 »

月の夜に

Photo_2  

ゆいがみに かをしのばせて つきのよに

きみまつかぜの いろぞゆかしき

 

まとめ髪にそっと香を結い込み月夜に

あなたをお待ちしています。

決して訪れることはないと知りつつ

ふと訪う風にさえ、

もしやあなたでは・・・と思いつつ。

 

な~んていふ歌をうたってみたりして。

|

« 道の途中にて... | トップページ | 至福の日々 »

俳句・短歌」カテゴリの記事

コメント

香りと共に髪を結い上げる。
私の想像では、これはやはり着物の女人ですにゃ(*^_^*)
あまり長い事女は月光を浴びてはならない.....らしいんですけど、それはさて置き、美しい景色ですわぁ、雲の上に照りかえるこの月の写真。
こんな風景の中に、ひとを待つ風情の女一人だっか。むふっ!

月も良いが花も良いよ。
花咲き乱れる庭の門扉が徐に開いて、夢にまで見た恋しい人が入って来る.....。

あら~ん...いや~ん..きゃい~ん。

むむ..ちょっと頭に虫がわいてるかも。

ところで、こないだ下の記事にセッセとコメいれてましたら、途中でまたリセットになっちゃいまして....不貞寝しました。

投稿: お萩 | 2010年6月29日 (火) 11:26

萩さま、こんばんは

私の歌をそ~んなにも美しく想像してくださって
うれしゅうごじゃりますことよ。

私は月の綺麗な晩にはひとり真っ暗闇の道を
ウォーキングしてみたりします。
縁台にひとり腰掛けて月浴みすることもありますよ。
心がとっても落ち着きます。良いひと時です。
女性にとってあまりよくないことなんですか・・
それでもやめられまへん♪

萩さまの妄想、いただきますわ~♪
そんなことがあったら素敵ですね・・・
有り得ないことだけど(泣)。

コメント消えちゃうことありますか。
ごめんなさいね。
ちょっと管理者さんにご報告いたしましょうかね?
これに懲りずにまたコメントくださいね。

投稿: 恭子 | 2010年6月29日 (火) 21:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 月の夜に:

« 道の途中にて... | トップページ | 至福の日々 »