« 五月蝿い! | トップページ | 卯波 »

ときめぐる

Dvc00004_2_2

 

 

今朝、玄関をあけた瞬間に

風にはこばれた香に

みかんの花が咲いたことを知った。 

とても強くしっかりとした香り。

はつ夏の香りだ・・・ 

 

 

Dvc00007_2

 

 

 

あやめ?花菖蒲?

かきつばた?

 

ホントに私は

花の名を知らない 

 

 

 Dvc00009  

 

 

野あざみのつぼみ

明日には咲くのかな 

 

 

  

 

 

 

Dvc00011  

  

 

コメツブツメクサ

・・・なのかな?

道の両側がこの花で

いっぱいになってる 

 

 

 

 

Dvc00016   

 

シロツメクサの花畑の中に

ひときわ大きな・・・

と思ったら何とたんぽぽの

綿毛だった。

シロツメクサになりたかった

のかなぁ・・・ 

 

 

Dvc00019 

義母が育てている

背丈の高い花

 

これもまた義母も

名前を知らない

らしい。

白とピンクの五弁の花が

初夏に咲く桜の

ようで・・・

 

 

今日は久しぶりにゆっくり時間を掛けて散歩した。

先日のさくらんぼも梅の実もたわわに実り、柔らかだった葉は色も厚みも

しっかりとしてきて、木陰の色は夏そのものだった。

春~夏へ・・・

花や草、木々に季節の、時間のたしかな流れを感じることができる。

私も昨日までと同じ私ではいけないな、などと思いつつ。

|

« 五月蝿い! | トップページ | 卯波 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

いよいよ百花繚乱の麗しい季節が到来しましたねぇ。
私めはこの頃しばしば山中にある緑化公園へと赴き(ま、お連れ頂くんですけど)自然の美しさに心身ともに癒される日々を送っておるんでありんす。
今は、可憐な色彩の躑躅や、むせ返るような芳香の藤、刻々猛々しくなっていく新緑の鮮やかさと谷川のせせらぎ、たまに邂逅する猪。
(先日、この猪を呼んだら、なんとやって来て、私の指を齧って逃げました)
ふざけた野郎です、雌かもしれないけど(怒)
池の鯉と亀とアヒルに餌を与える楽しい時間は下界の煩わしさをいっとき拭い去ってリフレッシュできる誠に安上がりなカタルシスなんです。

青い花、カキツバタじゃないことだけは確かですけれど、じゃあ何の花だと問われれば....解りましぇん。
アイリスかしら?

シロツメクサは牧場の匂いってお萩の記憶にはインプットされています。
この香りも大好き!!!!!

まあ、ほんとに様々なお花に取り巻かれていらっしゃるのねぇ。

蒲公英はいかにも擬態って感じですね。
恭子さまの仰るとおり、きっとシロツメクサになりたかったんだわ!

投稿: お萩 | 2010年5月 9日 (日) 10:03

お萩さま、こんにちは

短い春も過ぎ去りいよいよ夏の入り口ですね!
黄色や淡いピンク~紫、濃いピンクなど色合いだけでも
気合を感じる季節到来ですね!

うたのわにお見えにならず寂しいなと思っていたらリア充だったんですね~。それは何よりです!私も水曜日からは歌も詠めなくなるんで今のうちにと。

花のくだりは美しいけどイノシシってビックリですね。指を齧られたって大丈夫なのでしょうか?野生の血は容赦ないですから今後は安易に呼んだりしないでくださいね!危なっかしいたらないんだからぁ・・・。

花は人生のいろんな思い出と深く結びつき、記憶の底に眠っていてその色や匂いで導きだされるような気がします。
名前はわからなくても愛でる心に変わりはないですよね~、とか言っちゃったりして。

あのタンポポの綿毛を見ていたら花にも思いがあるように思えてならず・・・

そんな愛しい花たちに思いを寄せる日々を幸せとしなくちゃですね!

また詠んでくださいね、けっして呼ばぬよう・・・笑。

投稿: 恭子 | 2010年5月 9日 (日) 11:14

恭子さん、こんにちは。お花の綺麗な季節になりましたね。暖かくなってくると、色目が鮮やかで良いですよね。家の庭でもいろんな花が咲いています。今はジャーマンアイリスが見頃です。無駄に庭が広いので、いろんな花を義母と植えているうちに、判らなくなってしまい花を付けてから色がちぐはぐ、みたいな事になっています。目指せイングリッシュガーデンなんですが、我が家はどう見ても無作為に植えてある感が見え見えです(苦笑)

投稿: 千紘 | 2010年5月10日 (月) 11:25

千紘さん、こんにちは

今日の遠州は薄曇りです。
こんな日はやはり花の色も心なしか暗く見えます。
夏の花というのはきっと夏の陽射しの下でこそ輝く色になっているのでしょうね。

ジャーマンアイリスっていうのはゴージャスな雰囲気の菖蒲のことでしょうか。
ネットで調べてはいるんですがうまく見分けがつかずにいます。

我が家の庭は私が働いている頃から四季折々義母が思い描いたとおりの花が咲き乱れるように植えられているので昨日や今日家にいるようになった私は気が向くと草を一本抜くくらいな悪嫁ぶりです。

イングリッシュガーデンってなんだかオシャレですね~。
ガーデニングってなかなか難しいですよね。
それこそスローライフ的な趣味というか私は愛でさせて頂くだけで良しとしています。

投稿: 恭子 | 2010年5月10日 (月) 12:31

恭子さん こんばんは♪

自然いっぱいでうらやましいですね。
田舎に住みながら、アスファルトだらけの場所に住んでます。我が家の庭は純日本風なので、私はもっぱら鉢植えですが・・・
薔薇もクリスマスローズもチューリップもetc
黄色い花は「うまごやし」っぽいかなぁ。
あやめ科の花って分かりにくいですよね。アイリスみたいですが。紫はフウロソウかな?私も久しぶりに図鑑開いてみましょう。
あやめ、花菖蒲、杜若、一初、アイリス・・・いつか絵に描いてみたい素材です。

恭子さんの写真いつも楽しみにしています。
野の花大好きです。


投稿: 蛍子 | 2010年5月10日 (月) 19:15

蛍子さん、こんばんは

自然いっぱいというよりは自然しかないというか・・公共交通機関がまったくないのでほとんどの人が車を持っている地域なんですよ。

蛍子さんはホントにたくさんの花の名前をご存知ですよね。
私はネットの花図鑑を見ても見分けがつかなくて困ります。

蛍子さんの描かれる花の絵って見てみたいです。おっきな写真で拝見してみたいです。
簡単なところではlivedoorのブログなどは扱いやすいですのでぜひブログを開設され、写真をUPしてください!!!

私は写真くらいしかお見せできませんがせっせと出かけて激写しますのでまた覗きにいらしてくださいね。

投稿: 恭子 | 2010年5月10日 (月) 20:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1038096/44437950

この記事へのトラックバック一覧です: ときめぐる:

« 五月蝿い! | トップページ | 卯波 »