« 春雨の日に | トップページ | 骨(題詠:065) »

ふたご(題詠:064)

「ふたご」・・双子じゃなく、ひらがなでふたごだって。

難しいなぁ。

こんなんでもいいのかなぁ?

 

ふたごころ あるやなしやは知らねども 真実なんてひとつじゃないし

|

« 春雨の日に | トップページ | 骨(題詠:065) »

俳句・短歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ふたご(題詠:064):

« 春雨の日に | トップページ | 骨(題詠:065) »