« 秤(題詠:030) | トップページ | 苦(題詠:032) »

SF(題詠:031)

君に手を引かれ踏み込むSFの単行本のゆくへはしれず

 

このお題を見て真っ先に浮かんだのは筒井康隆の大ファンだった高校時代の

彼のこと。今は良いオヤヂになっているのだろう・・・

それにしても「お前も買って全部読め」と言われ渋々買ったあの本たちは??

|

« 秤(題詠:030) | トップページ | 苦(題詠:032) »

俳句・短歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SF(題詠:031):

« 秤(題詠:030) | トップページ | 苦(題詠:032) »