« 桜咲く | トップページ | ガール(題詠:015) »

接(題詠:014)

「接」・・・骨接ぎ、とか?

手へん・・・接ぐ、のほかにはどんな意味があるのだろうか?

以下、Yahoo!辞書より

 

せつ【接】

せつ」を大辞林でも検索する

[音]セツ(慣) ショウ(セフ)(呉)(漢) [訓]つぐ

触れるほど近づく。くっつく。「接岸接近接触接吻(せっぷん)間接近接直接密接隣接

くっつけてつなぐ。つぐ。「接合接骨接続逆接順接溶接連接

人と会う。「接客接見接待応接面接

受け取る。「接収

雌雄がまじわる。「交接
 

・・・・・ということ。

「接」に「受け取る」、「雌雄が交わる」などの意味があったんだ。

4,5の熟語はあまり使わないからねぇ。

せっかく知ることができたのだからすべての意味をおおらかに含んだ歌が

詠めないものかなあ。

私の力では到底無理のようなのでストレートに。

 

時と云ふこの接点の奇跡とも縁ともいへる君とつぐ歌

 

たくさんの方との縁を大切に・・・

|

« 桜咲く | トップページ | ガール(題詠:015) »

俳句・短歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 接(題詠:014):

« 桜咲く | トップページ | ガール(題詠:015) »