« 塔 | トップページ | 室苺 »

酒月花

今日は何かと忙しくほぼ出づっぱり(←遠州弁かな?)だったので

犬の散歩がとても遅くなった。

先日の河津桜もだいぶ咲いてきて薄暗くなってきた夕方にも華やかだった。

ふと見上げると枝の間からちょっとふっくらとした上弦の月が見えた。

半月の別称は上弦の月、下弦の月、弓張月、弦月などあり、月が沈むときに

弦となる直線部分が上を向いている半月を上弦の月、下を向いている半月を

下弦の月と俳句歳時記には書かれてます、ハイ。

 

今日の桜と月をうまく撮れたら良かったんですが・・・

Dvc00001 

 

 

 

桜はわかるけど・・・月は?

真っ白な点が枝の間に

見えますか?

 

 

 

 

今日、商工会議所へ行ったら壁に袋井産のお米で作ったお酒のポスターが

貼ってあり、しばらく見ていた。

Dvc00007_2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんでも昔地元に有名な書家がおられ生誕125年を記念して商工会が企画して

地元の酒造で造られたお酒とのことで・・・

先日夫が新潟に旅行したときに買って帰った日本酒があまりに美味しくて

ちょっとお酒に興味が出てきたというのもあってどうしてもと買って帰った♪

無濾過と濾過とがあって無濾過を選んだ。ちょっとにごり酒風。

ちょっぴり甘口なやさしい雰囲気のお酒。

地元に酒造があったことも、有名な書家がいたということも知らなかったので

ちょっと今日は得した気分。

今日のタイトルは話したかったことを単に並べただけでした~。

 

|

« 塔 | トップページ | 室苺 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは 恭子さん♪

 もう数年前になりますが、知り合いが新潟で買ってきたお酒に私もはまりました。「八海山」って言うんですが、恭子さんのお飲みになったお酒はなんだったんでしょうか?
 それまでアルコールは苦手だったのですが、それ以来ちびりちびりといただいております。鳥取は名水もあり、美味しいお酒も数々あるんですよ。甘口なら「日置桜」(フルーティなかおりです)辛口なら「瑞泉」わたしのお勧めです。どこかでであったらお試しください。

 恭子さんの言われるようにお酒のラベルの文字も書だとよいですよね。並んでる姿はさながら書道展の会場でしょうか。

 な~んかお酒が恋しくなってきました。量が飲めるわけではないのですが・・・美味しいお料理に美味しいお酒がちょっぴりあればしあわせです。

 

投稿: 蛍子 | 2010年2月24日 (水) 22:22

酒瓶のラベルというのは捨てがたいですね。私の祖父は看板屋だったんですが、地酒のラベルの文字も書いたと本家の伯父から聞いたことがあります。それとは知らず子供の頃から見慣れていたのですが、今思えばいかにもほろ酔い気分のような味のある文字でした。

投稿: 浅草大将 | 2010年2月25日 (木) 02:30

昨夜の月は夜半に見ましたが、0時頃にはももいろだったのが
1時半くらいには妙に赤かった・・・。
赤い月を詠むのは難しそうです。
どうしても古い片恋のカンツォーネを思い出してしまって……。

投稿: 紫苑 | 2010年2月25日 (木) 08:51

蛍子さん、こんにちは

新潟はやはり有名な米どころだけあってお酒も当然美味しい
ということになるのでしょうね。
夫が買って帰ったものはちょっと前にも歌にも詠みましたが
「峰乃白梅」という吟醸酒でした。
八海山って有名なお酒じゃないですか?
聞いたことありますよ!日置桜っていう銘も情緒があって
ステキですね。
蛍子さんはいける口って感じですね~♪
いつかお会いする日があるかもしれませんので今から練習して
蛍子さんに介抱していただかなくてもいいように強くならなくちゃ、
でありますね~♪

日本酒のラベルは粋ですよね。
棚にずらりと並べられたものをみていたらなんだか書の展覧会
にでも来たような錯覚を感じしばし見入ってしまいこれまた
うたに詠んでみたりして・・・
日本酒はいろんな意味で楽しめお酒かな、とちょっと興味が
湧いてきているところです。

投稿: 恭子 | 2010年2月25日 (木) 16:35

浅草大将さん、こんにちは

おじいさまが日本酒のラベルを書かれていたとは・・
それはぜひ拝見してみたいです。
私も高校時代には吹奏楽部の定期演奏会のプログラムの中の
校訓などを書いた記憶はありますが、日本酒のラベルは憧れですね。
いつか機会があればぜひ書いてみたいんですが。

投稿: 恭子 | 2010年2月25日 (木) 16:40

紫苑さん、こんにちは

紫苑さんが月を眺める姿を今しばし想像しておりました。
横にいたら月には目もくれず紫苑さんに見とれてしまう
だろうなぁ・・・なんてちょっと変態的発言でしたか?

桃色や赤い月といった光景をどう詠んだら良いものか・・
いつも考えるだけで終わってしまいます。
「古い片恋のカンツォーネ」・・・オシャレですね。
紫苑さんはフランス語、話せるんですか?
確か歌を歌われるんでしたね。
また歌声なども想像してみたりして・・ふふ♪

投稿: 恭子 | 2010年2月25日 (木) 16:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 酒月花:

« 塔 | トップページ | 室苺 »