« 春さがし | トップページ | サイン(題詠:006) »

夜色の文字

ここのところの話題は専ら歌ばかりだなぁ・・・と思いつつ、また。

「うたのわ」は23時ころから「うたの一覧」が一気に急流のように流れ出す。

そのころに覗くのがとても楽しくまたそこへ歌を載せると私の歌も激流に流されて

いくようでちょっとおもしろい。

先日、さてそろそろPCの電源を切ってお風呂に入ろうかなと思っていたころに

ひとつの歌があがり釘付けになった。そして何度も何度も読み返し、読めば読む

ほど染み入るその歌をお風呂の中でも口ずさんでいた。

ご本人の了承を頂いたのでご紹介させてくださいね!

うたのわの「すくすくさん」の歌です。

 

風呂の中、浮かんだ短歌のフレーズを窓にメモする夜色の文字

                                 すくすくさん詠 平成二十二年二月十日

 

「窓に絵や字を書く」というのはきっと誰もがやったことのあることだと思うんだけど

それを切り取って歌にするって案外できそうでできないような気がする。

最後の7文字「夜色の文字」にはなるほど!と感動してしまいました。

とっても自然体な詩心を感じます。

「夜色の文字」はご本人がブログの中にも書いておられますが、「黒」なんですよね。

だけどどこかほんわかしててあたたかな色に感じるのは湯気のイメージなのかも

しれない。

ふと浮かんだ歌を窓に書き留めるというまじめさもとっても良いですね。 

 

私も何かひとつバスルーム短歌を詠んでみたくて着目したのが「入浴剤」。

最近買った「薬湯(くすりゆ)」。しょうがベースって感じの漢方薬みたいな香り漂う

入浴剤でなんだか参鶏湯(韓国料理のひとつ、サムゲタン)の鶏肉になったような

気分。いかにも薬湯、じんわり染み込む。私もさっそく真似して窓に浮かんだ歌を

書き留めてみましたよ。指先がちょっとひんやりするけど中々いいもんですね!

 

春の宵 藥湯肌にじんわりと君の言葉のやうに染み込む

                              平成二十二年二月十日

 

春といってもまだまだ布団とかお風呂のぬくもりが恋しい時季。

歌はいつも四季折々の恋しいものを詠みこんでいきたいもの。

自然詠は当然ながら生活詠にもそんなことを心において詠めたらいいなぁ。

 

すくすくさん、ありがとうございました!! 

|

« 春さがし | トップページ | サイン(題詠:006) »

俳句・短歌」カテゴリの記事

コメント

ご紹介いただき、ありがとうございます!
お褒めの言葉がこそばゆくてしかたありません^^

写真あり、レシピありでバラエティに富んだブログでいいですね。
わたしのブログは今のところテキストばかりで味気がありません^^;;

折句と沓冠には感動しました。

折句とはどういうものかを最近知ったばかりのわたしとしては、
各句の頭とおしりが限定された中で句が浮かび、
さらにそれできちんと短歌が作られている技巧に、痛く感動してます。

わたしも早速取り組んでみたいと思いました。
記事にアップされなかったら「できなかったんだなw」と
思っていてください(*ノノ)

これからも足繁く訪問させていただきます。

ところで、恭子さんのブログをわたしのブログで
紹介(リンク集にも追加)してもよろしいでしょうか?

投稿: すくすく | 2010年2月11日 (木) 11:46

すくすくさん、さっきあげたばかりの記事に早速のコメント
ありがとうございます!

改めて記事にすくすくさんの歌をあげまた読み返してみると
じんわり胸に来ますね。

リンク、もちろん喜んで・・・
私のブログにも貼らせていただけたら光栄です。

うたの力って本当にすごいですね!

折句&沓冠、たのしみにお待ちしていますね。

これからもよろしくおねがいします。

投稿: 恭子 | 2010年2月11日 (木) 11:55

恭子さんこんばんは~。こちらは霙が降っています。夜半には雪になってしまうでしょう。すごく寒いですよ!茨城では2月の梅が咲く時期に、雪が降ることが良くあります。紅梅に雪が積もると凄く色っぽくて綺麗です。
すくすくさんの感性素敵ですね。「夜色の文字」…良いなぁ☆☆☆。そこに目をつけられる恭子さんも素敵です。私も精進しなければ!
ところで、うたのわで色々歌会が開催されていますが、最近の「折句雪の花」はちょっとドキッとしてしまいましたよ。私の華号が雪花なんです。「私~?でも華号の話してないしなぁ」なんて携帯を見つめてボケたことをつぶやいておりました。子供より私がお受験ノイローゼのようです(苦笑)

投稿: 千紘 | 2010年2月11日 (木) 19:32

千紘さん、こんばんは

霙から雪かぁ・・まだ冬のようなんですね。
こちらは一日中降り続く雨で昨日散歩道で見た白梅のつぼみが
気になるところです。
早くあったかくなるといいですね。

紅梅に降り積もる雪の色香をぜひ歌に詠み込んで下さいね!
楽しみに待ってます♪

すくすくさんの歌、じんわりあったかくて良いでしょ?
って私が自慢してどうすんでしょ(笑)

華号ということは千紘さんは師範ってことかな?
そういえば前にそんな話しもしましたっけ?
すぐ忘れちゃってごめんなさいね。
「雪花」って綺麗な名前ですよね。
私は俳号、雅号ともに「恭子(本名)」なので粋な名前を
考えてみたいです。
今まであまり考えてみたことなかったからなぁ・・

お受験ノイローゼ?あらまぁ、親子で頑張ったんだね。
私は子供任せだったからお気楽だったよ。
あ、まだ受験真っ只中だった。へへへ♪

投稿: 恭子 | 2010年2月11日 (木) 22:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夜色の文字:

« 春さがし | トップページ | サイン(題詠:006) »