« 夢 | トップページ | 卒業 »

いのち

今日は阪神淡路大震災から15年の日。

数日前からTV、新聞などで目に耳にしていたので家族ともそんな話題があがった。

去年は心臓に持病を抱えながら生まれて初めての手術や父の癌のこともあって

「死」と直面した年だった。

入院生活中にはあらゆる病状の方と話をし、生きるということ、命、家族・・・

そんな大切なことを考えさせられる良い年だったと思う。

15年前、震災で失われた尊い命・・・

先日のハイチでもたくさんの方が命を奪われ、生活の場を失った。

地震だけでなく、戦争もそうだ。いたるところで命の火が消されてゆく。

 

「生きたくも生きられなかった命あり死に急ぐなど言語道断」

 

・・・などと偉そうな歌を詠んだ。

 

人だけではない。生き物すべてといっても良いほどのものたちが、

その多くが天寿全うという形以外で死を迎えているのだ。

戦い、争いとは各々の身を守り、生き抜くすべ・・・なのだろう。

そうして地球全体のバランスというものは保たれているのだとしたら

死は悲しむべきものではなく、むしろ花の一生のように、川の流れのように

風が吹き去るようにただ大自然の一部に過ぎないと考えるべきなのだろうか。

 

|

« 夢 | トップページ | 卒業 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いのち:

« 夢 | トップページ | 卒業 »