« 短歌 ~10月 | トップページ | 秋のゆくえ »

うたのわ 10/15

期を待たずただ逃げんとす小さき吾に

               諭す友ありただあたたかく


 

ふりしきる錦のごとき万葉(よろづは)を

         胸にとどめし道しるべとす

 

遠州は秋浅けれど冬籠り

              心の春を寝て待つとせむ

 

タイトルは羽うさぎさんのブログのまねをして・・・。

|

« 短歌 ~10月 | トップページ | 秋のゆくえ »

俳句・短歌」カテゴリの記事

コメント

恭子さん、こんにちは。
この「うたのわ」の歌、どこに載せられているのかな~と探していて、新しいコメント発見しました!
良かったです!
多分、以前の決心も恭子さんにとって相当に重いものであったと思います。
それを乗り越えて、とどまると決められたことを本当に嬉しく思っています。
しばらくお休みされた後の恭子さんの歌を楽しみにしていますね♪

投稿: 羽うさぎ | 2009年10月16日 (金) 10:30

恭子さん、こんばんは!これからはこちらの方に
恭子さんの新作の短歌を、拝見しにまいりますね。

TwitterじつはまだID持ってないんです~シクシク。
あの英文のログインに画面に、PC音痴の私は委縮しまして・・。

でも恭子さんの短歌が拝見出来るなら、参加しようかな♪

そんな訳でブログも未だ持たない私ですが
最近mixiに歌人の秀歌を取り上げて、感想を書くという
怖いもの知らずな日記を、毎日UPしております。

コメント不要ですので、よかったら見に来て下さい(^ー^)ノ

投稿: paw(=東娘) | 2009年10月16日 (金) 23:18

羽うさぎさん、こんばんは

今までたくさんの方とともに歌を詠んできたということを
今回のことで改めて感じ、そんな方たちとの縁を切ろうと
してた自分がばかだったなぁと思えてきました。

うたのわは歌をあげることのみおやすみし、
せっせと覗きに行って拍手もポチポチさせていただいています。
歌も少しずつですがTwitterというところに
あげています。
ここではフォト短歌、書などで歌を綴っていくつもりです。

投稿: 恭子 | 2009年10月16日 (金) 23:54

東娘さん、こんばんは

なんだか今回のことでみなさんにとんだご心配をおかけしながら
こうしてあたたかな訪問およびコメントまでいただけるだなんて
大変恐縮です(実は感激)。
でももう二度と人の心を結果的に弄ぶような真似はしないと自分に言い聞かせています。

Twitterは覗くだけなら登録不要なんですよ。
私のブログのTOP(右の方)に貼りつけてあるオレンジ色の部分を
クリックしたら覗けるかと思います。
もしも見られない場合は教えて下さい。
設定ミスかと思いますので修正しています。

mixiは実は・・・言い出しにくいんですが
一度退会し今は幽霊会員状態です。
でも東娘さんの「怖いもの知らずな日記」に
大変興味があるので家政婦は見た!っぽく
覗かせて頂きますね。

投稿: 恭子 | 2009年10月17日 (土) 00:06

◆楽しみはあなたが詠う歌で知る花鳥風月 目に浮かぶ時

うたのわで恭子さんのことを詠んだ歌です。
いつも恭子さんの歌や句で季節の移り変わりを教えてもらってました。
恭子さんの身の回りの自然を見つめる優しい心が好きです。
これからも恭子さんの居心地の良い場所で恭子さんの詠みたい歌を詠んでくださいね♪

いつも恭子さんの歌を楽しみにしているめぐより(o^-^o)

投稿: 詩月めぐ | 2009年10月17日 (土) 00:58

退会なんてイヤだぁ!!!!
って子供じみたコメントは神様の思し召しか、どっかへ行っちゃいまして......。

最初のショックから幾日か経って少し落ち着いたところです。
あちらでお目にかかれないなら私がこちらにお邪魔すればいい訳でありましてね、にゃほっ♪
俳句=難しい...で、お萩は一度も詠んだことがありませんけど、ここで恭子たまの句を拝見できる喜びを得られて実にウレピーでしゅ。

ところでところで「人の心を弄ぶ云々」とおっしゃってますが、そんなことなさったの!?
いやん(#^.^#)←なんか勘違いしてる??

ともあれ、歌を詠む事を辞められたのではないので、これからも月光の雫のように恭子たまの心から零れ出るお歌を楽しみに待ちます。

投稿: おはぎ | 2009年10月17日 (土) 08:37

「退会なんて嫌だ!というコメント」
とお聞きし急いであげ忘れているコメントがなかったか探してみましたが見当たりませんでしたが・・・?

「最初のショックから幾日か経って・・」
こんなこと言うべきではないけどそのお心が胸に沁みます。有り難きことです・・泣。

おはぎさんは歌も文語で粋に詠まれてるからきっと季語というスパイスを利かせちゃって句などサラサラ~っと詠めると思います。一度拝見したいものです!

「人の心をもてあそぶ」
は、辞めると言ったり辞めるのを辞めると言ったり・・・いい加減にしろ、と自分に怒っているわけです。

歌も句もやめないです。むしろますます湧いてきちゃってます。形にならないだけで・・(苦笑)
月光の雫の如き歌・・・わぁ、美しい(惚々)
そういった表現を覗きに日々うたのわを覗きにまいりましょう!せっせと。

投稿: 恭子 | 2009年10月17日 (土) 12:37

めぐちゃん、こんにちは

あ・・大変。返信遅くなってしまいました。
ごめんね。

ここ数日うたのわのぜ~んぶの方を真似ていろんな歌に挑戦してみたんだけどね。やっぱり私には自然を詠み込むことが一番合ってるなって思うよ。
めぐちゃんにはもうずいぶん長い間私の詠みを支えてもらったよね・・ありがとう。

私の一番居心地の良い場所ってどこなんだろう?通り過ぎてきたところにあるのか気づいていないのかこれから出会うのかよくわからない。いずれにしてもどこにいても自分らしくいることが肝心なのかもね。

投稿: 恭子 | 2009年10月17日 (土) 12:47

翻意されたことを知り、大変喜んでおります。
ご自分のいちばん居心地のよい場所で、
大らかなお気持ちで詠まれますよう。
まったくの手探り状態の私も、ぼちぼちいきますので。


投稿: 紫苑 | 2009年10月19日 (月) 08:19

紫苑さん、こんにちは

自分勝手なことばかり言ってしまってごめんなさい。
うたのわもとっても居心地良いんです。
紫苑さんたちと出会えた場所ですし。

手探りですね・・・やってみないとわからないことって
どの場所にもどんなことにもありますね。
急がずゆっくり自分のペースで行きます。
また覗きに来てください!

投稿: 恭子 | 2009年10月19日 (月) 13:01

そうなんですよ、あの朝、浅草の大将さんのお歌で、ビックラこいて慌ててこちらに覗って、他の方々のコメを拝見して......。
(嘘だろぉぉ!!!)
そんな思いでワナワナしながらコメをいれましたらね、一旦はさっと表示されてたんですよ、本来は直に掲載されないのに。
多分おかしな送信の仕方をしたらしく、結果、残っていませんでした。

ごめんなさい、おっちょこちょいなの。
新しいお歌、又読ませて頂けて嬉しいです。

投稿: おはぎ | 2009年10月20日 (火) 00:16

おはぎさん、おはようございます!

会社の事務所からの書き込み(つまりサボり)です。
掃除したてで開け放った窓からたよりなき朝陽と
清々しい風が訪れている、そんな朝です。
な~んちゃって。

ここのコメント書き込みは「確認」と「送信」の
ふたつのボタンがあるのでもしかしたらいつもは
送信ボタンでそのときはたまたま確認ボタンだったのでは?
そのまま画面を他へ移した場合コメントは消えてしまう
かもしれませんね。ゴメンナサイ・・

散々人騒がせなことをしてしまったこともあって
もううたのわには戻れないと思います。
このブログは重くて大変見難いですがよかったら
ちょくちょく遊びに来てやっておくんなさいまし。
「お歌」といえる歌を詠めるようガンバります!

投稿: 恭子 | 2009年10月20日 (火) 08:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: うたのわ 10/15:

« 短歌 ~10月 | トップページ | 秋のゆくえ »