« ゆく九月 | トップページ | 秋白し »

十五夜2009

Dvc00007散歩道に咲くコスモスと 十五夜のお月さん

空もほんのり秋色で 良い景色・・・

 

今夜はすでにいくつか詠んだ俳句と短歌をあげてみます。

うたのわのみなさんの月の歌なども上げさせていただけたらなぁ・・・

と思っております。

 

 

水晶と共に見上げし十五夜のパワー借り受け 浄化されゆく  

                               千紘さん(うたのわ)

 

名月をともに観たき人ありて叶わぬ故に月隠す雨  

                               螢子さん(うたのわ)

 

たはむれの団扇の風に雲はれて空すみわたる中秋の月 

                              falconさん(うたのわ)

 

丈低き千日小坊さし招く雲居にかかる名月の宵 

                               庭鳥さん(うたのわ)

 

月の下ろす夜の帳の優しさよ冷えた肩に落つ柔らかな涙

                           恩田ヘヴンさん(うたのわ)

 

意地悪い 雲の隙間の 淡き色 月光漏れて 今宵名月

                                東大寺(うたのわ)

 

墨染の夕べに淡き月観ればいざよふ胸の内ぞ澄みゆく 恭子(うたのわ)

月あかり降り頻く道にほんのりと宵待ち草の残り花咲く 恭子(うたのわ)

つかの間の青ぞら白き雲の上あす十五夜の空はなに色 恭子(うたのわ)

十五夜を迎ふる縁に思ひこめ清むるごとく拭ひ払へり 恭子 (うたのわ)

字余りな夢をあきらめ浮雲に五七調なる大和歌詠む 恭子

                           (うたのわ 折句「十五夜」)

日と月の相望む空暮れ泥みわれただ想ふ東空かな 恭子(うたのわ)

今宵またひとり出でれば清かなる名月しばし虫と眺むる  恭子(うたのわ)

わが庭の一隅照らす名月の影ぞさやかに花は眠らむ 恭子(うたのわ)

秋雨に流さるる月追ひ求め吾も流さるる君の元へと  恭子(twitter)

十五夜のほの白き月あがり初む遥けき君とさしつさされつ  恭子(twitter)

ほろ酔ひの 十五夜の月 滲みゐし  恭子(twitter)

 

うたのわのみなさま、歌の掲載を快くお受けいただき感謝しています。

 

雨月あり、雲隠れあり、名月あり・・・やっぱり月の歌はいいですね!!

今夜(10/4)の満月、十六夜、立待月、居待月、寝待月、十三夜・・・

秋の月はまだまだ楽しめますね。

また一緒にそんな月を詠めたら、と思っています。

 

|

« ゆく九月 | トップページ | 秋白し »

俳句・短歌」カテゴリの記事

コメント

恭子さま。
私の拙い歌をブログにUPしていただき、ありがとうございます。皆さまの素敵なお歌に混ぜていただき、心苦しいばかりです。いつも心に止めていただき、お声を掛けてくださる恭子さまのやさしさがとても嬉しいです。

投稿: 千紘 | 2009年10月 4日 (日) 13:11

千紘さん、こんにちは

千紘さん、快く了承してくださってありがとう!
月の歌!いっぱい並んで嬉しくって♪

良い歌だなぁ、とは思ってもなかなか贈歌で声を掛けよう
とまでは思えない方もいらっしゃいますが千紘さんには
つい気軽に声かけちゃって・・・。

本当にありがとう、千紘さん!

投稿: 恭子 | 2009年10月 4日 (日) 13:54

恭子さんこんばんは^^
 月のうた、どれも情緒があっていいですね。そんな中に混ぜていただいてうれしいです。ありがとうございました。
 ブログを持たない私ですが、何かあればまた誘ってください。楽しみにしています。

☆貴女の書にあこがれています☆俳句があんなふうに短冊にかけたら・・・あ~できるものならお願いしたい気分です。すみません(/ω\)ハズカシーィおおきなひとりごとでした。                  螢子

投稿: 螢子 | 2009年10月 5日 (月) 20:14

螢子さん、こんばんは

螢子さん、コメントとっても嬉しい私です!
月の歌ってなんて素敵なんでしょうね。
螢子さんの切ない歌の雰囲気が良いですね。

私の書はテキトーがモットーなので憧れられるなんて
意外ですがこれまたとっても嬉しいです。
螢子さんの句、コメントで送信していただけたら
今度のお休みに書いてみたいです!

螢子さん、この記事にふたつのコメントを下さいましたね。
おそらくひとつめのコメントを送信後に表示されなかった
ために再度お送りいただいたのだと思います。
ご面倒をおかけして大変申し訳ありません。
実は私のブログは危ないコメントが時々来るためコメントを
承認制に設定していて時々ログインしては内容を確認してから
コメント公開させていただいています。
この機能を利用してコメントで螢子さんの俳句をお送りいただき、
その句を書にし、私が記事にして公開!というのはいかがでしょうか?♪

投稿: 恭子 | 2009年10月 5日 (月) 20:36

恭子さん、こんばんは^^
 うれしいお言葉ありがとうございます。
 私のパソコンつながりが悪くて、しょっちゅうエラーを起こします(涙)昨夜も送信ボタンを押したとたんにエラー表示が出たので送信できてないと思っていました。大変失礼しました。
 厚かましいコメントに丁寧に答えてくださってこれまたありがとうございます。
m(・・)m
 あつかましさついでに、早速句を送らせていただきます。
「 新月の道標なり蛍草 」
「 風の中ひとり見上げる天の川 」
 拙い句ではありますがよろしくお願いします。
♪居待月あつかましさもほどほどに♪エヘヘ

投稿: 蛍子 | 2009年10月 6日 (火) 20:40

螢子さん、こんばんは

コメント&素敵な句、ありがとうございます。
書にするまではコメントを伏せようかなとも思いましたが
せっかく頂いた素敵なコメントと句は早速に公開しちゃいましょ、
と思いまして・・・。

「 新月の道標なり蛍草 」

・・・すべて書きやすい文字なので今から楽しみです。

「 風の中ひとり見上げる天の川 」

・・・「風」は私の大好きな文字なので早く書きたいです。
が、そのほかの漢字がおよそシンメトリで画数が少ないので
なかなか難しそうですね~。
でも挑戦し甲斐がありそうです!!

頑張ってみます!!

投稿: 恭子 | 2009年10月 6日 (火) 20:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 十五夜2009:

« ゆく九月 | トップページ | 秋白し »